前回の記事

その後電話で初回の予約を入れ初治療に行ってきました。

オールセラミック治療開始!

カウンセリングで来た前回は混雑していた院内も、今日は私しかお客さんがいませんでした。

すぐに席に通され「じゃあ今日から早速治療していきますね」と早々に開始です。

まずは以前の保険の差し歯を外す作業

私の場合、前歯2本が既に”保険内治療の差し歯”だったので、まずはそれを取る作業。
※差し歯ではない歯をオールセラミックにする場合は元の歯を削るだけなので、この工程はありません。

中々激しい感じで「ガッガッ!」と歯を外されましたが、今日は1本だけとのこと。

2本同時に進行していくものだとばっかり思っていた私は先生に「治療は片方ずつですか?」と尋ねました。

すると、差し歯で一度根元まで治療している歯は複数本同時に治療を行うと、思っているよりも体にダメージがあるので一本ずつ治療した方がいい。ということだそうです。

だけど期間にあまり余裕がないということを伝えると、「一本ずつではあるものの期間を詰めて進めていきましょう」とおっしゃっていただけました。

 

さらに以前撮ったレントゲンを見ながら細かい解説をしていただき、「薬が奥まで届いていないので黒い影ができてしまっているでしょう?」と影になった部分に注目。

確かに薬が奥まで届いていない感がすごくあったので、ここでもまた以前通っていた家の近所のヤブい歯医者さんのテキトーさを実感!今思えば色々本当にヒドイ歯医者さんでした\(^o^)/

仮歯の作成

なかなか激しい様相を呈していた処置も20分ほどで終わり一息。

次は仮歯を作成。仮歯は別の女性の先生が作成してくれました。

ちなみに仮歯には嫌な思い出がある私。以前保険内の差し歯にしたとき仮歯の見た目がひどかったんです…。なので仮歯でいる間の期間見た目が悪くなることはある程度覚悟していました。

ところが!!今回仮歯を作成していただいた先生、1時間ほどかけてものっすごくキレイな仮歯を作っていただけたんです!|ω´・;)

その仮歯は”仮歯感”は少しあるものの、今現在の保険内の差し歯と同等、いやそれ以上に自然な見た目の歯です|ω´・;)
帰り道は”口元を隠すために持ってきていたマスク”も使わずに帰ることができました。笑

まだ不安はありますが

こうして私は「オールセラミックで自然な歯を手に入れるまでの道」へ一歩歩を進めた次第です。

まだ「ほんとに自然な歯になるのか…」という不安はありますが、今日先生やスタッフの方と話していて少し安心できました。

今までの歯医者さんはいつも忙しそうな雰囲気だったので今回もそんな感じで適当に治療を進められるのかと思っていましたが、今回はきっちり時間を取っていただけましたし、女性の先生が作成された仮歯が今の歯よりもベターだったので「今以上悪くなることはない」と思えました(´・ω・)

次の記事


“オールセラミック治療体験記”TOPへ

 

前歯を安い費用で差し歯にするならJDFのオールセラミック
Japan Dental Frontier