前回の記事

歯の根の治療が必要ということで初日に歯の根の掃除?をしてもらい、2日目の今日は痛みも出てこなかったということで薬を入れてもらいました。

私以外にもセラミック治療中のお客さんが

前回はお客さんが私一人だったのですが、今日はなにやら少し慌しい様子。

さらに隣の席で治療を受けている女性も同じようにオールセラミックにしているようだったのですが、そこから気になる一言が聞こえました。

どうやらそちらはオールセラミック治療最終日で、オールセラミックの歯を仮装着している状態で手鏡を見ているみたいなのですが

「うーん…こんなもんなのかなぁ?」

と本接着を考えている感じ|ω´・;)

 

先生は「とりあえず仮着けしてご家族の方にも見てもらってから決めたら?本接着してしまうともう取れないからね」と仰っているのですが、その女性は仮接着だともう一度来院しなければいけないのが面倒なようで、

「ここをもう少し短くしてくれたらそれで本接着しようかな?」

などと言いながら考えているようでしたが、結局本接着はせず仮着けにして帰られました。

 

私はその間20分ほどそのまま治療台で待たされたのですが、その女性のように”完璧に納得できるものが必ず出来上がるわけではない”と改めて生の声を聞かされ、どきどきしながらジッとしていました|ω´・;)

もちろんばっちりな歯が出来上がることもあるのでしょうが、このJDFのオールセラミックは歯科技工士さんが直接患者の口を見て歯を作るわけではなく、型を取り、色を決め、あとはJDFのラボで作成するというスタイル。

まあ今の私の保険内で入れた歯より見た目は悪くはならないのでしょうが、やっぱりまだ少し不安が残ります。|ω´・;)

 

さらに歯医者さんあるあるだと思うのですが、医院で鏡を見せられたときは気にならなくても家に帰って鏡を見ると色が少し思っていたものと違った、、、なんてこともあります。

なので私はオールセラミックのちゃんとした歯ができても仮接着にして一度検討しようと思っていました。

+αの料金はその都度支払う

話は変わりますが、すでにオールセラミック治療自体の支払いは済んでいるのですが、歯の根の治療などで別にかかる金額はその都度歯医者さんにて支払う形になります。

それで毎回1500円ちょっとかかってしまうので、根を治さないといけない場合などは+αの料金が発生する形に。
私の場合交通費は家から医院まで1000円ほどなのですが、もう少し遠方から通うとなると思ってたより費用がかかるかもしれません|ω´・;)

あまり手を加える必要がなければ通院回数も費用もこれより抑えられるのでしょうが…
※追記:歯の根の治療をしなくてもいい場合は最短2回の通院で済むそうです。

 

ですがその+α料金が些細なことに思えるほど審美性の高い歯に価値はあるはずです!

ということで明日はオールセラミック歯の土台”ファイバーコア”というものを入れてもらうみたいです。

次の記事


“オールセラミック治療体験記”TOPへ

 

前歯を安い費用で差し歯にするならJDFのオールセラミック
Japan Dental Frontier