奥歯を安い費用で差し歯にするならJDFのオールセラミック
Japan Dental Frontier

こんにちは、オールセラミック歯ブログ管理人のふすまです(・ω・)

私は前歯をオールセラミックの差し歯にしましたが、今まで「オールセラミックの歯は奥歯には向いていない」と思っていたんです。

それが最近では色々な素材があり、丈夫で耐久性のある硬いものもかなり安い費用で加工できるようになったみたいです。

なので今回は「奥歯に使用するオールセラミックの素材、ジルコニア」について。

奥歯にはジルコニアのオールセラミック

ジルコニアという素材はすごく硬いので、少し前までの技術レベルでは加工が難しかったそうです。

それが今では歯の加工技術も進歩していて、このジルコニアが加工できるまでに至ったということ。

以前までは「オールセラミックは前歯にはいいけど、負担のかかる奥歯に入れると割れる」という強度的な問題がありました。

その強度が少し弱いという問題をクリアし、耐久性のある丈夫なジルコニアオールセラミックを奥歯に使うことで「奥歯の銀歯を白くしたい」といった悩みも解決できるようになりました。

このジルコニアを使えば白いオールセラミックのブリッジ(歯を連結させたようなもの)まで作れてしまいます。

なので口を開けたときに見える銀歯を全て白くするといったことも不可能ではなくなりました。

ジルコニアオールセラミックの費用

オールセラミック治療は保険が適用されない自由診療です。

なので歯科が料金を自由に設定できるため、歯科によって値段も様々。

高いところであれば1本20万円以上取るところだって普通にあります。

ですが私が前歯を治療する際にお世話になった“Japan Dental Frontier(ジャパンデンタルフロンティア)”というところであれば、この奥歯のジルコニアオールセラミックもなんと1本5万円という安い費用で治療できます。

Japan Dental Frontier は各地の歯科と提携しているため、「大阪・東京・名古屋」といった都市でこの治療が受けられます。

ジャパンデンタルフロンティアはなぜ安い?

ジャパンデンタルフロンティアが安いのはクオリティが悪いからというわけではありません。

私は実際に治療を受けたのではっきりと言えますが、歯のクオリティは天然の歯と見分けがつかないほどキレイなものです。

さらに初回の無料カウンセリングだってJapan Dental Frontierの社員さんが丁寧に説明してくれましたし、サービス面でも全く悪い点がありませんでした。

 

実は「歯の素材や歯を作成するのにかかるコスト」というのは大きなものではないんです。

ですが自由診療なので、歯科は「技術料」という名目で十数万円も取っているんです。

この技術料を適正な価格にしてサービスを提供しようというのがJapan Dental Frontier。

なんと「何本治療しても技術料は一律25,000円」という価格設定。

このおかげでクオリティの高いオールセラミックの歯が安い費用で手に入るようになっています、ジルコニアを使った奥歯向けの歯も例外ではありません。

銀歯を白くしたいなら

なので「奥歯にある銀歯を白くしたい」「奥歯にオールセラミックが使えればいいのに」と思ったことのある方は一度Japan Dental Frontierのウェブサイト↓をご覧になってみてはいかがでしょうか?

Japan Dental Frontier公式ページ
JDFの格安オールセラミック

その他の歯の素材やジルコニアについても詳しく解説されています。