裏側矯正の器具の写真

近年歯を矯正する方法として裏側矯正が注目されています。

舌側矯正(リンガル矯正)とも呼ばれ、矯正器具が人の目につかないので矯正治療中でも笑顔を見せることができるという魅力的な方法。

ワイヤーが舌側にある目立たない裏側矯正

ワイヤーが裏側にあることで、矯正器具が人に見られる心配がなくなります。芸能人やアナウンサーなどのテレビに出るお仕事をされている人でも舌側矯正をしている人がいるみたいです。

ですがそんなメリットばかりに見える裏側矯正にもデメリットがあります。

矯正器具やワイヤーが舌側にあるデメリット

まず矯正器具であるブラケットと呼ばれるワイヤー装置が歯の裏側、舌側にあるデメリットから。

矯正器具が裏側にあることで装置が舌に当たるので、通常の表側にワイヤー(ブラケット)のある矯正と比べて違和感が大きいようです。さらに歯の裏側は虫歯になりやすいため、虫歯になってしまうことも多いとか。

舌側は唾液で潤っているから洗浄作用が強く、歯の裏側は虫歯になりにくいという話もあります。

ですが私は虫歯になりやすいためか歯の裏側もよく虫歯になっていたので、個人的にはそんなことはないような気がします。

ましてや矯正装置が歯の裏側にあったら歯磨きも難しくなりますし、丁寧に歯を磨いていないとすぐに虫歯になってしまいますね(´・ω・`)

声が発声・発音しづらくなる

これは特に大きな問題にはならないかもしれませんが、歌を歌ったり声に関わる仕事をしている人などには大きな問題になります。

舌側に矯正器具があるということは当然舌がワイヤーに触れる形になるので、声を出すときにも違和感があるということになります。そうなれば微妙な音の変化などもあるでしょうし、特に歌には影響がありそうですよね。

一般の方が気にすることもないような微妙な変化ではあるでしょうし、普通はすぐ慣れるためそこまで気になることでもないかもしれません。

裏側矯正は本当に見えない?

矯正器具が本当に見えないのか、ということも気になるところではあります。

結論から言えば普通は裏側にある矯正装置は見えないと言えます。ただ口を開けたときにはチラッと見えることもあると思うので、あまり大きく口を開けることはできなくなります。

ただ表側、歯の前面にワイヤーがあるよりは断然目立たないので、人目を気にするという理由で矯正を諦めている人にはこの裏側矯正がいいかもしれません。

値段が高く・治療期間が長い

舌側矯正は通常の歯列矯正に比べて費用が高くなります。歯を矯正するのにかかる金額は通常でも安いとは言えないですが、少なくとも100万円以上はするのが相場です。裏側矯正だとそこからさらに数十万円高くなることも。

さらに治療期間は短くても1年はかかり、普通は2年ほど舌側に矯正器具を着けて過ごさなければいけません。それでもいいという人にはいいかもしれませんが、難しいですよね(´・ω・`)

もっと安い値段でできる矯正もある

この裏側矯正(リンガル矯正)でなくても、目立たない、見えにくい歯列矯正の方法は他にあります。

その中の一つが実際に私も治療を受けたオールセラミックにすることで矯正する方法です。この方法であれば費用は1本あたり5万円以下ですし、期間はなんとたった2週間ほどで終わります。

詳しくは以下の記事で書きましたのでそちらをどうぞ(´・ω・)