窓際で頬杖をつく女性

今歯並びを直す方法のひとつとして「スピード矯正」と呼ばれる矯正方法があります。

ですがこのスピード矯正、名前の通り短期間で従来の方法より早く終わるのですが、気をつけなければいけないデメリットもあります。

今回はそんなスピード矯正の注意点や、その他の歯科矯正の種類についてお話しします(・ω・)

歯並びを短期間で直すスピード矯正

最近では歯科矯正にも色々な種類が出てきました。

中でも短期間で歯並びをキレイに直すことができるスピード矯正は、通常2~3年かかることが多い矯正を約6ヶ月~1年半ほどで早く終わらせることができるので注目されていますが、気をつけなければいけないこともあります。

スピード矯正の中でもいくつかの種類があるので、種類別に解説していきます。

インプラント矯正

通常歯科矯正をする際、奥歯を支えとして他の歯を動かしていくので歯を短期間で動かすことができません。そこでその期間を短くするために生まれたインプラント矯正という方法があります。

インプラントといえば歯茎に金属のボルトを埋め込みその上に歯を被せる治療法ですが、その名の通り奥歯を抜いてそこにインプラントを埋め込みます。

そしてそのインプラントを支えにして他の歯を動かすことで、歯並びを直すための期間を短くするという方法がインプラント矯正。

早く終わる代わりに抜歯をしなければいけないだけでなく、インプラントを埋め込むために歯茎を切開する必要があります。

つまりこれは大がかりな“外科手術”ですので身体への負担もかなり大きくなり、なにより費用がものすごく高額になるのがデメリット。

コルチコトミー

子供と違い大人は歯が動きにくいため矯正に長い時間がかかります。

ですがコルチコトミーという方法では歯を支える骨に切れ込みを入れ、歯が動きやすいような状態にすることで矯正期間を短くすることができます。

インプラント矯正と違い、コルチコトミーだと抜歯をしなくても矯正できる場合があります。

こちらも外科手術を伴うので費用が高額になります。インプラント矯正もコルチコトミーも費用は高いところだと100万円を超えます。

その他歯科矯正の種類

スピード矯正の他にも矯正器具が舌側にある裏側矯正、装置(ブラケット)を装着しないマウスピース矯正など、歯科矯正にもいろいろと種類があります。

その他の種類について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

スピード矯正でも1年くらいはかかる。

矯正器具を何年もの間ずっと装着するのはやっぱり抵抗がありますよね?(´・ω・`)

それをできるだけ短期間にしたいからスピード矯正にしようかな?と思っていてもやっぱり1年ほどの期間は覚悟しておかなければいけません。

 

ちなみに私も歯並びではないですが20歳頃からずっと前歯にコンプレックスを感じていました。

結局保険の効かない自費診療で前歯をキレイにすることができたんですが、その方法がとてもおすすめなんです。

たった20万円前後で、しかも1ヶ月少しで完了するのでスピード矯正より断然早く終わるんです!(´・ω・)

短期間で費用も安いオールセラミック矯正

オールセラミック治療で歯並びを矯正することができる方法ですが、この方法だと通院回数も少ないですし期間も短いだけでなく、費用がかなり安いのが特徴。

例えば歯並びを直したいのが前歯数本だけであれば、値段は10~20万円、期間も1~2ヶ月ほどでかなり早く終わることもあるので、スピード矯正を考えていた方にはおすすめです(´・ω・)

詳しくは以下の記事をご覧ください。