こんにちは、管理人のふすまです(´・ω・)

私は前歯をオールセラミックにしていますが、口元を整えたことで笑顔が増えてとても気持ちよく日々を過ごすことができるようになりました。

歯並びを矯正したり差し歯をキレイにしたりすることはすごく大切なことだと思います。

費用が高額ですが、最近は安い値段で矯正したりすることもできるようになっているので、できるだけ早いうちに歯並びは整えておくべきでしょう。

ですが歯列矯正にもいろいろあり、中でも歯を抜くか抜かないか、抜歯・非抜歯矯正の差があります。

抜歯するかしないかで顔が変わる、変わらないという話もあるくらいなので、今回は矯正で後悔してしまわないように抜歯非抜歯矯正のメリットやデメリットについて。

抜歯・非抜歯矯正で顔が変わる?

歯を抜いてしまうと顔の変化があることもあるそうです。

ですが歯を抜く抜歯矯正のメリットとして、抜いた部分に土台を立てたりすることによって、歯全体をより効率良く動かしたり矯正期間を短くしたりすることができるのです。

顔が変わると言いますが、矯正の専門歯科医はそういう部分も考えて矯正治療を進めてくれるので、顔が大きく変化したという話はあまり聞きません。

ただ歯を抜くことで顎の骨格に影響があるのは確かなので、抜歯矯正をする場合、顔の変化が全くないわけではないということは覚えておかなければいけません。

抜歯・非抜歯矯正のデメリット

矯正治療で後悔しないために、その方法のデメリット部分をしっかりと知っておくことも大切です。

歯を抜く抜歯矯正のデメリットは顔の変化が見られることがあるということ。

歯を抜かない非抜歯矯正のデメリットはより長い期間が必要になるということです。

歯並びをキレイにする方法

歯並びをキレイにする方法はいくつもあります。

中でも最近有名になってきているのがオールセラミック矯正という方法。

私も実際に体験したので分かりますが、仕上がりはとても自然でキレイな上に短期間で終わります。

さらに費用が安いのが特徴で、通常の歯列矯正では考えられないほどの値段で治療が受けられます。

詳しくは以下の記事に書いているのでよければそちらもご覧ください(´・ω・)