歯を抜く抜歯は痛いし怖いですよね(>_<)

虫歯になってしまって抜かざるを得ない場合は仕方ないかもしれませんが、できるのであれば歯は抜かないでいたいものです。

歯並びを治す歯列矯正では歯を抜く必要があることがありますが、抜かない・痛みのない矯正もあります。

抜かない・痛みのない矯正にすべき4つの理由

歯を抜かないで、痛みのない歯列矯正にするべき理由を挙げてみます。

1、痛くない。

そのままですが、歯を抜かなければ痛くありません(´・ω・)笑

2、怖くない。

そのままですが怖くありません(´・ω・)笑

3、期間が短い。

歯を抜く矯正は長い期間を必要としますが、今は他にも色々な歯列矯正の方法があるので、歯を抜いたり抜かなかったりする矯正よりもっと短い期間で歯並びをキレイにすることができます。

費用がとても高額なものですし、治療を受ける前に良く調べてそういったものを検討してみることも大切だと思います。

4、値段が安い。

抜歯矯正などの矯正は値段が高く100万円以上することが普通です。

ところが今はもっと安い値段の矯正法もあります。

短期間・安い費用で矯正できる

普通のワイヤーをつけて歯を動かしていく方法ではなく、近年よく行われるようになってきているのがオールセラミック矯正です。

オールセラミック矯正について詳しくは以下の記事で書いているのでそちらをご覧ください(´・ω・)

抜歯しない矯正

痛みのない抜かない矯正だと怖くないですし、安い値段で短期間でできるのであればその方がいいと私は思います。

わざわざ痛い思いをして顔が変わるかもしれないなんて怖いですよね(>_<)

みんなできれば抜きたくないというのが本音だと思うので、抜歯しない矯正という選択肢もあってもいいのではないでしょうか?

ということで今回は、痛くない・抜歯しない矯正にすべき理由でした。