セラミックの歯

ハイブリッドセラミックという歯科治療法をご存知でしょうか?

安い値段でキレイな見た目にできるということで最近よく名前を聞きますが、私が歯医者さんで実際に価格やメリットについて聞いてきました。

やっぱり安い価格でキレイになるんだったらその方がいいですからね(´・ω・)

ハイブリッドセラミックとは?

まず簡単に「ハイブリッドセラミックとはいったいどういったものなのか」という話から。

セラミックというのは陶器のことですが、セラミックを使った治療は保険が適用されない自費診療という形になります。

セラミックのような歯に適したキレイな素材を使うことで審美的に美しくすることができるんですが、実用性で言えば別に値段の安い金属でいいんです。

なので「見た目をよくする」という目的の治療は保険外で自己負担になるというわけです。

 

そこでハイブリッドセラミックですが、安い素材といえばもう一つ歯科用プラスチックがあります。

そのプラスチックとセラミックを混ぜて使用することで、できるだけ安い料金に抑え、セラミックのキレイさも併せ持つというまさにハイブリッドな新しい素材なんです。

ハイブリッドセラミックの値段は本当に安いの?

値段が安いことがメリットとされているハイブリッドセラミックですが、私が歯医者さんにいって価格を聞いてみたところ、その値段は1本7万円ということでした。

もちろんハイブリッドセラミックは保険外診療なので歯科によって価格が違います。

値段を歯科が自由に設定できるのが保険外診療の特徴なので、治療を受ける歯科が違えば数万円の差がでてきます。

ということはハイブリッドセラミックの値段が安い歯科を探せばいいのかもしれませんが、私はそれだったら普通のセラミックだけで作った歯の方がいいと思いました。

結論・オールセラミックの方がいい

結論としては全てセラミックで作ったオールセラミックの歯の方がいいと私は思います。

ハイブリッドセラミックはプラスチックを混ぜることで、見た目はやはりオールセラミックに劣ってしまいます。

オールセラミックに比べてハイブリッドセラミックの唯一のメリットは「値段が安いこと」です。

それなのにオールセラミックの方が値段が安いとなると、わざわざプラスチックが混ざって品質が少し劣っているハイブリッドセラミックを選ぶ意味がなくなってしまいます。

歯医者さんによってはもっと安い価格に設定しているところもあるのかもしれませんが、それでもやっぱり数万円足してオールセラミックにできるのであればキレイな方を選ぶべきだと私は思います。

歯は長い間付き合っていく大切なものなので、ここで妥協してしまうと数年後に後悔してしまうことになるかもしれません。

前歯の見た目は大事

とくに前歯は人目について、印象を左右する重要なパーツです。

私は前歯が2本オールセラミックの差し歯ですが、どうせ保険外の治療をするんだったら見た目がキレイなものの方がいいです。

以前はその前歯が保険内で治療したプラスチックの差し歯だったんですが、オールセラミックにした途端本当に人生が変わったように良くなりました。

前歯にコンプレックスがあると歯を隠してしまいがちになってしまいますが、俯いて笑う人より歯を見せて笑う人の方が明るくて好印象ですよね?

今は前歯が本当にキレイで天然の歯のような見た目なので、隠す必要がなくなり歯を見せて笑うことができるようになりました。

もっと早い段階でオールセラミックを知っていればなぁと少し後悔してしまうくらいです。

なので私の経験から言えることですが、前歯を治療するのであれば妥協せずにオールセラミックにした方がいいです!

昔ほど高くない

オールセラミックの差し歯の値段も安いところでは1本5万円程度なのでそこまで高くはありません。

例えば私がオールセラミック治療を受けた審美歯科は東京・大阪・名古屋・神奈川といった都市部に展開している大手歯科なので、通えるのであれば県外からでもそこに通った方が安いと思います。

ここはオールセラミック治療で日本最大手の審美歯科なので、歯科医や歯を作成する技工士さんの経験、品質面で他とはかなり大きな差が出てくるのもポイントです。

日本で一番オールセラミックを作成しているとなれば安心感がありますよね。

サービス面でも素晴らしく、私が治療を受けたときもとても丁寧に対応していただきました。治療回数も短いのがオールセラミックのメリットで、たった数回の通院で完了してしまいます。

ハイブリッドセラミックを考えていた方はこの機会にもっとクオリティの高い差し歯を安い価格で入れることを考えてみてはいかがでしょうか?

安い値段でオールセラミックの差し歯にするならJDF~東京・大阪・名古屋・神奈川~
JDFの格安オールセラミック