最近ではかなり安い値段でジルコニアセラミックが手に入るようになってきています。

ジルコニアセラミックはキレイで硬くて丈夫な素材ということで、前歯よりも負担の大きい奥歯にまで使うことができる素材です。

ジルコニアセラミックのデメリットと欠点

バツのポーズをしている女性

そんなメリットばかりのジルコニアにはデメリット、欠点はないのでしょうか?

どうせ治療を受けるなら悪いところもきっちりと納得してからにしたいですよね。

なので以下にジルコニアセラミックのデメリットと言える部分を3つ書きます。

金属よりも硬いため他の歯を痛める可能性がある

ジルコニアは人工ダイアモンド、ということは金属よりも硬い素材ということになります。

そこまで硬くなると、普段ものを噛んでいるだけで噛み合わせる方の歯を傷つけたり削ったりしてしまうこともあると言われています。

そうならないために、ジルコニアセラミックにするときは入念に噛み合わせの確認が必要になります。

なのできちんと評判のいい、治療実績のある歯科で治療を受けないと後で後悔することになってしまうかもしれません。

歯科選びは慎重に!(`・ω・´)

通常のオールセラミックよりも少し不自然

ジルコニアは通常のオールセラミックよりも少し不自然になります。

というのも、普通のオールセラミックで使用される素材だと透明感があり、まるで本物の歯のように仕上げることができます。

私は前歯がオールセラミックですが、本当にどの歯が差し歯なのか全く分からないほど自然でキレイです。

これがジルコニアになると透明感が少しなくなってしまうため、やっぱり偽物感が少し出てしまいます。

なのでジルコニアは、見た目が大事な前歯よりも耐久性が大事な奥歯に向いているということになります。

保険外治療になるので金額が高い

普通のオールセラミックよりもジルコニアセラミックの方が少し価格相場が高くなっています。

ただ気を付けないといけないのが、保険外治療は歯科が自由に価格を設定できるため歯科によってかなり金額に差があるということ。

なんとなく決めた歯科で治療を受けるのは賢くありません。

しっかりと価格を含めて歯科を探し、きちんと納得できる歯科を選ぶようにした方がいいと思います。

ジルコニアは高いイメージがありますが、実はそこまで高額な素材でもないので意外と安く手に入ったりします。

もちろん安すぎると怖いですが、安いのに品質が良いところもたくさんあります。

私はたくさん調べた結果、値段がものすごく安いのにオールセラミック治療実績が日本一というとても安心感のある歯科で治療を受けることができました。

その結果とても自然でキレイな前歯にしてもらえたので満足しています。

まとめ

ジルコニアセラミッククラウンにもデメリットや欠点があり、そこに納得してから奥歯などにジルコニアセラミックを入れるというような場合以外はもう一度しっかりと検討してみるべきだと私は思います。

保険外治療は特に「値段が高いから品質も高い」というわけではないことがあり、歯科が利益を優先してぼったくりのような値段にしているところも多いようです。

歯の治療は数十万円単位で損をしてしまう可能性があるので、インプラント治療やセラミック治療を受けるときはしっかりと時間をかけて考えてから歯科を選ぶようにした方がいいですよ!(`・ω・´)