大人ニキビを治すために!まずは正しい洗顔方法を知ることが大切

肌を柔らかくして浸透させる【大人ニキビ専用化粧水リプロスキン】
リプロスキン

正しい方法で顔を洗うことによってお肌は健康的な状態を保つことができます。

ですが、間違った洗顔方法が原因でお肌が荒れてしまうこともしばしば。

今回はそんな本末転倒なことを防ぐための正しい洗顔方法についてのお話です。

はじめに

まず初めに大切な5つの基本をチェック。

1、お肌はすごくデリケート

「優しく洗っているつもり」ではまだまだお肌には刺激が強いんです。
「肌に直接手が触れないように泡だけで洗う」のが正解。

2、洗顔料は思ったよりも洗浄力が強い

使用するのは石鹸でもフォームでも構いませんが、実はこれらの汚れを落とす力はとても強力です。
泡を肌に乗せてすぐにすすぐだけでも汚れは十分落ちるもの。

あまり長く肌に乗せておくと必要な油分まで落としてしまうので逆効果になります。
実際には汚れはぬるま湯だけである程度落ちるので、泡は素早く流してしまいましょう。

3、すすぎ方も大切

ぬるぬるした感覚があるとついつい手で拭い取るようにすすいでしまいがちです。
そうではなく洗顔料のTVCMで見るような、手が顔に触れないように水をすくってかけるすすぎ方を心がけましょう。

2、3度では落ちませんが10回程すすぐとさっぱりします。すすぎ残し感がなくなるまでしっかり繰り返しましょう。

4、タオルは顔に置くように

顔を拭く際にタオルを滑らせたりしてお肌に摩擦を与えてはいけません。
タオルを顔に乗せてポンポンと軽く抑えながら、あくまでタオルに水分を吸収させるようにします。ギュッと抑えるのもNG。

5、化粧水は5分以内につける

顔を拭いた後の10分間で大量の水分が急激に失われます。肌に合った化粧水でしっかりと保湿しましょう。

ニキビがなくなるかどうかはこの化粧水選びも大きく関わってくるところです、妥協せずしっかりと自分に合ったものを選びましょう。

肌タイプ別正しい洗顔方法

思案顔の女性

乾燥肌の場合

乾燥肌の人が一番意識すべきことは「素早さ」

お肌の必要な油分を奪ってしまわないように泡は素早くすすぎましょう。

最初に鼻周りなど汚れが目立つ部分に泡を置き、そこから顔全体に広げます。そしてすぐに流してしまいましょう。それだけで十分汚れは落ちます。

特に朝は洗顔料を使わずぬるま湯だけでいいくらいです。

脂性肌の場合

脂性肌の人が一番意識すべきことは「優しさ」

「手が肌に触れないように泡で顔を洗うこと」を意識しましょう。

脂っぽさが目立つ部分から泡を置き、軽く円を描きながら全体に広げていきます。数秒くるくるしたら素早く流しましょう。

ニキビの凸凹が感じとれているうちは手が肌に触れている証拠。それが分からないくらい泡だけで洗うようにしてください。

 

混合肌の人や脂性肌だと思っていても部分的に乾燥している場所があったりします。そういった場合はまず脂っぽいところを洗い、乾燥しているところに泡を広げたらすぐに流すようにしましょう。

注意点

ダメをしている女性

顔を洗っている最中に少しでもヒリヒリとした感じがしたら注意。化粧水でヒリヒリする場合も同じ。その刺激がお肌を荒らす原因になります。

そういった場合はぬるま湯だけで洗う、もしくは泡を乗せてから5秒以内、刺激を感じる前に素早く泡を流しましょう。

 

刺激を感じるうちは肌が正常な状態ではありません。

その間は洗顔料や化粧水は使わず水やぬるま湯だけで顔を洗い、まずはお肌を「正常な状態に戻すこと」に専念しましょう。

だいたい数日すれば治まるので、ヒリヒリしなくなってから徐々に上記の方法をお試しください。

まとめ

コスモスと青空

お肌の細胞が生まれ変わる周期である“ターンオーバー”は28日周期と言われています。

28日以上経っても肌の状態が良くならない場合は、間違った洗顔方法がお肌の細胞の生まれ変わりを妨げているのかもしれません。

健やかな肌に戻すためにもまずは正しい洗顔方法を意識してお肌のケアをしていきましょう。

 

また、正しい方法で洗えているのにニキビが再発するようであれば普段使っている化粧水が原因かもしれません。

大人ニキビが全然治らない!という場合はこちらの記事も参考にしてみてください。

肌を柔らかくして浸透させる【大人ニキビ専用化粧水リプロスキン】
リプロスキン

【広告】