セラミックとジルコニアの差し歯の違いについて

2019年2月13日オールセラミック

虫歯などで歯を削ってしまうと、削った歯が元通りになることはありません。

そのままでは見た目が悪いだけでなく、噛む機能にも影響を与えてしまうので、金属などで修復する必要があります。

金属は健康保険の対象になるので良く使われますが、見た目が悪くできるだけ白い素材で治したいという患者さんが増えています。

白い素材にはプラスチックもありますが、変色してしまったり割れることがあるのでいい材料とは言えません。

そこで、最近白い材料を希望する患者さんの中で人気があるのが、セラミックとジルコニアです。

セラミックとジルコニアの差し歯

しかし、名前は聞いたことがあるけれども、どのような違いがあるのかが分からないという患者さんが多いのも事実です。

そこで、それぞれの素材の違いについて知っておきましょう。

まず、セラミックですが透明感のある白さが最大の特徴です。

昔までは強度を出すために金属で土台を作った上に使用していたため暗い印象になってしまうことがありましたが、今では金属を使用せずに作成できるようになりました。

そのため、前歯はもちろん奥歯に入れても本物の歯と見分けがつかないほどのきれいな見た目を実現することが可能です。

差し歯にする時は、患者さんの口元に合わせてひとつひとつオーダーメイドで仕上げます。

色の調合もできるので、隣の歯に合わせた色調で自然です。

メリットだけではなくデメリットも

メリットがたくさんあるセラミックですが、デメリットもあるということを確認しましょう。

強度が強いのですが、一か所に多大な力がかかると割れることがあります。

歯ぎしりや食いしばりと言った癖のある患者さんの場合、治療を希望してもその通りにならないことがあるので注意する必要があります。

そのような場合は、プラスチックの粉末を入れることで、割れにくいようにするなど患者さんに合わせた対応がとられるでしょう。

歯ぎしりや食いしばりは夜寝ている時に行うなど、自分自身では気づかないケースも少なくありません。

そこで、歯科医院では差し歯が必要な患者さんに対して、歯を削る時にその部分だけを見るのではなく、お口全体を見ています。

噛み合わせなどを確認することで、本人が気づいていない歯ぎしりを見つけることが可能です。

患者さんによっては、右側だけで噛む癖があることもあるため、事前の検査がとても重要になります。

ジルコニアセラミック

そして、ジルコニアですが、この素材は比較的新しいです。

人工ダイヤモンドで作られているので、金属と同様の強度を持つことができます。

中には白い金属と呼ぶ人もいるほどで、噛む力が強い人の奥歯にも使うことができる素材です。

見た目も白いので安心して前歯にも使うことができるでしょう。

ただ、透明感を比較してしまうと、セラミックの方が自然に感じますが、ジルコニアだけが口の中にあればそれほど違和感を感じることはありません。

ジルコニアもいい素材ですが、やはりこちらもデメリットがあります。

まず、歯を削る量が増えてしまうことがあるのです。

人工ダイヤモンドの厚さを出すために必要なことで、差し歯とはいえ、自分の歯を削るのに抵抗がある人には向かないでしょう。

また、歯ぎしりをする患者さんの場合は割れてしまうこともあるので、お口の中の状態によっては治療ができないケースもあります。

そして、新しい素材なので、数十年先の状態が実際には分からないという面もあることを知っておきましょう。

2005年にできたばかりの素材なので、若いうちに差し歯にした人が年をとってからどのようになるのかという点については理論上のデーターしかないのです。

ただ、今では世界中で500万人をこえる人たちが治療をしているため、それほど問題はないのではないかと言われています。

それぞれの違いと料金

セラミックとジルコニアは、素材が異なるためにこのような違いが出てきます。

共通点としては、金属を使わないために金属アレルギーの心配がないという点や、金属イオンが歯茎に沈着して黒ずんでしまうことはありません。

長期間使っても変色することはないので、見た目はきれいな状態を維持できます。

また、両方とも保険外治療なので治療費は差し歯1本あたり10万円ていどの費用がかかってしまうこともあります。

このように、白い保険外の素材といっても両者には同じところと異なる点があることが分かりました。

噛む力や見た目など、患者さんのお口の状態はひとりひとり異なります。

せっかく差し歯にするのであれば、きれいに治したいという思いはすべての患者さんが持っているので、自分に合った素材を選ぶ必要があります。

なかなか自分の口の中の状態を正確に把握するのは難しいので、歯科医師と相談した上で決めるといいでしょう。

その際には、自分の希望を伝えることも大切ですが、噛み合わせや歯ぎしりなどについても把握して、長期間いい状態で使える環境を整える必要があります。

歯ぎしりのある患者さんが自分の要望に合わせてジルコニアやセラミックにしてしまうと、割れることがあるからです。


Posted by ふすま