歯の治療に使われる差し歯、セラミック、インプラントの違いとは

最近は技術が発達したことによって、歯を治療すると言ってもさまざまな方法を選択できるようになりました。

そのため、専門用語が世の中に溢れていて一体どのようなことを指しているのかわからないことがあります。

例えば、よく使われる言葉として差し歯、セラミック、インプラントといったものが挙げられます。

意外と分かっているようで分かっていない治療方法なのでいま一度確認しておきましょう。

差し歯、セラミック、インプラントの違い

実は、差し歯とインプラントというのは治療方法が似ていますが、その実態はだいぶ異なっています。

差し歯

まず、差し歯というのは完全に歯を失ってしまった状態では選択できない方法です。

あくまでも土台の上に人工的な歯を被せるというものなので、根っこの部分はしっかりと残っていないと接着することが出来ません。

インプラント

逆に、インプラントというのは完全に歯が抜けている状態でも選択することが出来る方法です。

そのため、歯を失ってしまいがちな高齢になったとしても人工的な歯を埋め込むことで、自分の歯でものを食べることが出来ます。

差し歯とインプラントの治療内容

次は、両者の実際の治療について見ていきます。

差し歯の良いところは保険適用される範囲が広いところです。

前歯と犬歯であれば通常の人なら3割の値段で治療を行うことが出来ます。

ただし、使う素材によっては保険が適用されない場合があるので注意が必要です。

レジンという金属の被せ物ならば問題ありません。

これは金属なので銀歯と似たような感じになるのかなと思う人もいるでしょうが、周りにプラスチックで作られた被せ物をするのでほとんど外からは気づかれることがありません。

とにかく安いところが大きなメリットといえますが、長期間使用してくると色が変わってきたり削れてきたりすることがあるので、途中でメンテナンスが必要となる場合があります。

保険が効かない自由診療のセラミック

自由診療でよければセラミックという選択肢があることを覚えておきましょう。

セラミックというのはいわゆる陶器です。

こちらの場合は長期間使用してもほとんど影響が現れにくいので年をとっても問題なく使用し続けることが出来ます。

ですが、前者よりも強い衝撃に弱い性質があるのであまり力強く噛みしめることには適していません。

自分の生活に合わせて選択すると良いと思います。

ブリッジ

ちなみに、歯が完全に抜けてしまった場合でも隣の歯が健康ならば、その歯を土台としてブリッジという手法を選択することも可能です。

ブリッジというのは両隣の歯を支柱として土台を作る手法となっています。

その土台を利用してなくなってしまったところに人工的なものを代わりに植え付けます。

隣の歯に支えられていることになるので、安定性はかなり高いといえます。

しかし、その分負担がかかりやすいので高齢になったときに影響が出やすいと言われています。

さらに、健康な歯を削る必要があるのでなるべくそのまま残しておきたいと言う場合は適しているとは言えないでしょう。

親知らずを残しておくかどうか

20代になると親知らずというものが両側に生えてきます。

まっすぐ生えてくれば問題ないのですが、変な方向に生えてくると磨きにくくなり虫歯になりやすいです。

通常は抜きますが、これを残しておくとこのブリッジの土台とすることが出来る可能性があります。

ですので、親知らずを残しておくかどうかも一つの人生の選択といえるでしょう。

差し歯とインプラントの値段

インプラントは先程も話したとおり、根っこから抜けてしまった歯を人工的なものに取り替える治療方法となっています。

土台がありませんからまずは土台を作るところから始めます。

下顎の骨の部分に支柱を突き立ててその上に人工的に作られた歯を接着していくことになります。

安定性がかなり高いので硬いものでも問題なく食べられるようになるところも大きなメリットといえるでしょう。

デメリットとしては値段が高いところが挙げられます。

差し歯とインプラントの大きな違いといってもいいでしょう。

保険が適用されませんから場合によっては一本10万円程度かかることも十分にあり得ます。

また、もう一つ問題となるのが歯周病です。

骨の部分に支柱を打ち付けていますから丈夫ではありますが、歯周病になって土台の部分が痩せてきてしまうと取れてしまう可能性があります。

そうなると、手術をし直さないといけなくなるのでまた余分なお金がかかってくることになります。

これを防ぐためにも、毎日しっかりとした歯磨きをすることがとても重要になってくるでしょう。

自分に合った治療方法を選ぶことが大切

このように、両者にはさまざまな違いがありますが治療方法に正解はありません。

例えば、差し歯を選択するときには歯を削る必要性がありますから、なるべく削りたくないと言う方には向いていません。

また、インプラントはその値段の高さもあって低所得の方だと選択することは難しいでしょう。

何が自分に合っているのか熟慮して結論を出すことが必要です。

そのときはかかりつけの先生の話を聞いて後悔のない選択をするようにしてください。

セカンドオピニオンをお願いするというのも一つの手でしょう。

前歯2本をセラミックにしました

オールセラミックの差し歯体験談ブログ

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています♪

体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

前歯オールセラミック体験談ブログ

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました。治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です