歯茎が出るから笑えない、笑顔にコンプレックスを抱える時の対処法

笑顔は最高で最強の武器と言われています。

いつもにこやかにしている人は周りの人を楽しく幸せな気分にさせるので、異性同性問わず好かれる傾向にあります。

逆にどれだけ容姿が整っていても、いつも無表情であったり、ムスッと怒っているように見られると、それだけで魅力も半減してしまいます。

このように笑顔は周りへとてつもない影響を与える訳ですが、あるコンプレックスを抱えているため、笑いたいけれど上手に笑えないという人もいます。

歯茎が出るから笑えない

それはガミースマイルと呼ばれ、笑うと歯茎が出る症状の事を言います。

本来なら口を大きく開けて笑いたいけれど、歯茎が目立ってしまうのでつい手で口元を隠してしまう、嫌なあだ名をつけられた、歯茎が乾くのが早いなど、様々な悩みを抱えています。

歯茎が見えてしまう原因

そもそも歯茎が見えてしまう原因は3つに分けられます。

1つ目は上唇を引き上げる筋肉の力が強すぎる場合で、笑った時に上唇が薄くなるのが特徴です。

2つ目は骨に原因がある時で、上顎が大きいか、または下顎が正常サイズより小さい事が考えられます。

これは遺伝や子供の頃の食生活、口呼吸、下顎に肘をつくなどの悪い癖が背景にあります。

最後は歯に原因がある場合で、単純に歯の面積が小さいとか、上顎に問題はないが前歯が出ている場合です。

歯が短いとか歯が生えている場所が低いという問題があり、これは小さい頃の指しゃぶりなどが原因になっている事があります。

笑顔にコンプレックスを抱える時の対処法

特に女性がガミースマイルの場合は悩みも切実で、治療を受けたいと考える人も少なくありません。

ただガミースマイルは病気ではないので、基本的には自費となります。

費用も各クリニックで自由に設定出来るので大幅に差がありますが、とても難しい部位の治療となるので、安心して治療が受けられるクリニックや病院を探す事が大切です。

治療法は原因によって異なり、例えば筋肉が原因となっている場合はボトックス注射で改善する事も可能です。

メリットは費用が安い、短時間で施術が終了する、体への負担が少ないなどのメリットがありますが、効果は永続的ではなく、持続させようとするとランニングコストがかかります。

骨に問題があって歯列矯正だけでは対応できない場合は顎の位置を調整する治療が行われます。

原因を根本から解決でき、場合によっては保険が適用される事もありますが、骨を切る治療のためとにかく体への負担が大きくなります。

さらに入院が必要であったり、治療期間も長くかかります。

インプラント矯正

骨と歯に原因があるケースでは、歯並びを整えるためにインプラント矯正が選択されます。

上顎にインプラントを埋め込んで、そこを支点に効率的に歯を動かしていく矯正方法ですが、歯並びが綺麗になるという利点があります。

一方デメリットは治療期間が長く費用も高い、そして16歳以上でないと治療が受けられない事です。

このように治療法も様々で注射で受けられるものもあれば、全身麻酔が必要になるほど大がかりな手術になるケースもあります。

ボトックス注射で様子を見る

歯茎が出ていない自分の顔はどんな感じになるのか知りたいといった場合は、まずはリスクの少ないボトックス注射で様子を見ても良いかもしれません。

ただ顎の位置を調整しないと解決出来ない場合は外科矯正に頼らざる得ないですが、やはりリスクが高く選ぶ医師や病院を間違えれば後遺症が残ったりする事もあります。

コンプレックスは気になると、「これさえ無ければ自分は幸せになるのに」と考えがちですが、治療を受けたからといって100%満足出来る結果が得られるとは限りません。

それならば、これまでとは真逆の気持ちに切り替えてみるというのも一つの方法です。

生まれつき持ち合わせている1つの個性

そもそもガミースマイルは大半の方が先天性のもので、生まれつき持ち合わせている1つの個性でもあります。

実際、人を見た目で判断して、心無い言葉や無神経な事を言ってきたりする人もいます。

でもその人達の言葉で高い費用をかけて、体に大きな負担を与えてまで治療を受けるのは道理に合いません。

結局意地悪な事を言う人達は、その言葉で傷ついたりショックを受けたりする様子を見るのが楽しいだけです。

なので、何かを言われても軽くあしらったり、完全に無視し続けると、最終的には相手側も面白く感じなくなり、余計な言葉をかけてこなくなります。

気にし過ぎているだけな場合も

そしてもう一つ、自分が思っているよりガミースマイルは人気がある事が多いです。

ガミースマイルの人が笑うと、他の人よりも豪快に笑っている印象を受けます。

これが実は好評で、他の人より楽しそう、性格が明るそう、無邪気で可愛らしいといった意見もあります。

自分がずっとコンプレックスだと思っていた事が、本当は人から魅力的と感じられていた場合は、無理に変える必要もありません。

最初は自信が無くても、鏡を見ながら少しずつ笑顔の練習をしていくと、いつかは自信を持って人前でも笑えるようになります。

そしてそういった事を乗り越えていくと、人間的にも強く魅力的な人になっていけるはずです。

前歯2本をセラミックにしました

オールセラミックの差し歯体験談ブログ

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています♪

体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

前歯オールセラミック体験談ブログ

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました。治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です