治療費について

セラミックで歯を治す費用はいくら?

歯磨きをする男性

歯の治療では、いろいろな材料を使用します。

最も一般的なものがレジンと呼ばれるもので、プラスチックのような素材です。

とても安価で使い勝手もよく、様々な症例に適用することができる材料ですので、保険診療でも使われています。

ただ、レジンにはいくつかのデメリットがあり、必ずしも万能な歯科材料とはいえません。

具体的には、摩耗しやすかったり経年的に変色したりするなどのデメリットがあります。

そこで代用されるのが、セラミックです。

セラミックで歯を治す費用はいくら?

セラミックというのは、日本語で陶材と呼ばれるもので、日常的にはお皿などにも使われている素材です。

とても白く美しく、歯の色や質感に近いのが特徴といえます。

また、レジンのように摩耗したり、変色したりすることがほとんどありませんので、歯科治療でセラミックを希望される方は年々増えてきています。

そこで気になるのがセラミックを使った場合、いくらくらい治療費がかかるかという点です。

質の高い材料だけに、基本的には保険が適用されませんので必然的に治療費も高くなります。

例えば、虫歯にかかって被せ物をしなければならなくなった場合、クラウンという補綴装置を作ることになりますが、レジンや金属を使えば保険が適用され、安い価格で歯科治療を受けることが可能です。

けれども、上述した通り、レジンには色々な弱点と呼べるものがありますので、長く使い続けるという観点からすると、あまり優れた材料とはいえないでしょう。

また、噛んでいくうちに擦り減って、かみ合わせが変わってしまったりレジンで治した部分だけ黄色く変色してしまったりしますので、機能性も審美性もセラミックには劣るといえます。

では、実際にセラミックで治療を行ったら、いくら治療費がかかるのでしょうか。

治療費はケースバイケース

具体的には、ケースバイケースという他ありません。

なぜなら、インレーやクラウンなど、ケースによって必要となる補綴装置が大きく異なってくるからです。

同時に、材料をどのくらい使用するかも変わってくるため、一概にいくらかかるとは言い切れないのが現実です。

とはいえ、レジンや金属を使用して、保険診療で治療を行った場合と比較すると、3割負担から10割負担へと変わるという点だけ考えても費用が高額になることは間違いありません。

その時点で金額が3倍近くになるため、ある意味で仕方のないことといえるでしょう。

それでも、使用する材料によって口元の審美性は大きく変わりますので、必ずしもデメリットが大きいというわけではないのです。

なぜなら、修復しなければならない部分が大きければ大きいほど、使用する材料の特徴が大きく反映されてきますので、治療後の口元の審美性も大きく変動することとなります。

高くても質の高い材料

ですから、いくら費用が高くなったとしても、質の高い材料を優先して選ぶ人は珍しくありません。

また、質が高い分、長く使い続けることもできますので、結果的に治療費を安く済ませることにもなります。

というのも、摩耗しやすかったり欠けやすかったりする材料で治療を行うと、頻繁に再治療を施さなければならなくなるケースも珍しくないからです。

そして何より重要なのは、病気が再発しやすいかしにくいかの点です。

安い材料を使用するとどうしても材料との間に隙間が生じるなどして、細菌への感染が再び起こることがあります。

すると、また削るなどの処置を施さなければならなくなります。

当然、レジンなどで再度修復する必要も出てくるのです。

そうした手間だけでなく、お口の中の健康のことも考えると、最初から高品質な素材を使って治療を進めた方が、健康のためにも良いといえるでしょう。

ですから、まずはお口の中をみてもらって、質の高い材料を使用した場合にいくらくらい費用がかかるのかを聞いてみましょう。

症例によっていくらかかるかは大きく異なりますので実際に診察してもらう他ありません。

そこであまりにも高すぎる場合は保険診療で治療を受けても良いですし、納得のいく値段であればそのまま治療に入っても良いのではないでしょうか。

大切なのは大きな観点から治療法を選択するということ

大切なのは、目先の金額だけでなく治療後の長い人生も踏まえ、お口の健康という大きな観点から治療法を選択するということです。

ものを食べる際に必須となる重要なものなので、その質によっては咀嚼機能が低下し、食事が上手くできなくなることもあります。

また、かみ合わせが悪くなることで新たなお口のトラブルを引き起こしたり、顎の関節に過剰な負荷がかかって、顎関節症のリスクが高まってしまったりすることもありますので、要注意です。

とにかく、治療に使用する材料や治療方法など、疑問点があれば初診やカウンセリングの場でとことん質問しておきましょう。

心から納得できない状態で使用する材料を決めたり、治療法を選択したりすると治療後に後悔することもありますので、できるだけ疑問点や不安な点を解消することをお勧めします。

そうすることで後悔のない治療を受けることができます。

前歯2本をセラミックにしました

オールセラミックの差し歯体験談ブログ

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています♪

体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

前歯オールセラミック体験談ブログ

こちらにお世話になりました♪

Japan Dental Frontier
東京・大阪・名古屋・神奈川で格安オールセラミック歯のJapan Dental Frontier

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました。治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です