歯の印象

歯が汚いと不健康な印象に、原因と改善策について

口元を抑えて驚く女性

歯が汚いとどうしても、不健康な印象を与えることが多くなります。口元を見せないように意識しているつもりでも、案外歯の状態は人目についているものです。

ふとした仕草で汚い歯が見られてしまうと悪い印象を与える可能性も。汚い歯だとだらしなさそうで不潔な印象を与えます。

仕事を依頼するにしても、歯が抜けたままであったり着色汚れなどを目にすると、せっかくのチャンスを逃してしまう原因になってしまうこともあるかもしれません。

なので、歯が汚くなる原因を解析し改善策を検討していきましょう。

歯が汚いと不健康な印象を与える

奥歯が痛くて頬を抑える男性

一口に、「歯が汚い」といっても、そこには色々な事情があるでしょう。

歯の色・歯並び・歯茎の形状や色合い、人工歯の状態や口臭の有無等、全体的に見てそれらが重なったときに「汚い」と印象を与えてしまいます。

歯の色

色に関しては、当然のことながら白く清潔感のある歯が理想的です。

煙草のヤニや加齢によるエナメル質の変化や、歯磨き残しが黄ばみの原因となります。

歯の形

形状は、左右対称のきれいなシンメトリーの歯並びが理想的です。

虫歯治療などでかぶせ物があると、非対称になり違和感を与えることになるのです。

日本では八重歯がチャームポイントとして認識されることもありますが、基本的に全ての歯がきちんとあるべき場所に納まっている状態が、審美的にも健康な口内環境維持の観点からも理想的です。

歯茎

意外ですが、歯肉の色合いや状態も大きな影響を与えています。

健康な状態ではピンク色をしていて、引き締まっています。歯周病になると、赤く腫れてぶよぶよした状態へと変化してしまいます。

さらに炎症が進むと、肉痩せが進み歯茎が下がってくるので注意を払わなくてはなりません。

喫煙習慣

喫煙習慣は口元の美しさに大きな影響を与えます。

喫煙した方の歯茎は血行不良により黒ずんだり、青白くなったりするなど見た目の明らかな変化に繋がります。

保険で入れたかぶせ物

歯科治療でかぶせ物の一つやふたつを持つ方は多いですが、人工物であっても経年劣化で黄ばみが見られるようになるのは確かです。

特に保険適用されるプラスチック素材などは数年経過すると黄ばみが出るのも珍しくありません。

口臭

直接の外見には関係しませんが、口臭も有無も大きな影響を及ぼします。

強い口臭はそれ自体が、不潔との先入観を他人に抱かせることになるのです。

色々重なって「汚い」という印象を与える

このように様々な事情が絡み合って、歯が汚いとの印象を与える可能性があるのです。

改善するにはどのような方策を実践するべきなのでしょうか。

誰もが望むのが、白く輝く歯を維持すること。口元がキレイだと清潔感を与えることになるので、日頃の口腔ケアを正しく継続することが基本です。

口腔ケア

歯磨き粉をつけた歯ブラシ

口腔ケアに自信のない方は、薬局で染め出し剤を購入して磨き残しが無いかを確認してみましょう。そうすればブラッシング不足気味の箇所も客観的に把握出来るでしょう。

もちろん、歯科医院で正しいブラッシング指導を受けるのも検討すべきです。

特に日頃の口腔ケアを適切に行うためには、定期的に歯科医院で歯石取りなどの処置を受けるのも効果的です。

口腔ケアはきちんと行っている方で、さらにきれいな歯を手に入れたいという希望をお持ちなら、審美歯科医院でホワイトニング治療を受けるという選択肢もあります。

おすすめのホワイトニングはホーム?オフィス?それぞれのメリットデメリットと種類

保険適用外の為、費用が高額になる傾向がありますが、ホワイトニングを専門的に取扱っているクリニックもあるようです。

経済的に審美歯科でのホワイトニングは無理と言う方は、市販されているホワイトニングジェルを使用する方法もあります。

歯並びが悪い場合のケア

歯並びが悪い場合には、これら以外のケアが必要になります。

前歯が前方に突き出ている出っ歯の状態や、下顎が上顎よりも突き出ている反対咬合などの悩みを持つ方もいます。

このような悩みを解決するのが矯正歯科治療です。

矯正治療と聞くと成長期の子供だけを対象にするというイメージがある方もいるかもしれませんが、矯正治療は大人でも受けることができます。

通常矯正治療には高額な費用と長い年月がかかってしまいますが、近年では短期間で安い費用の矯正方法も人気が出てきています。

オールセラミック矯正で歯並びをキレイにする

原因と改善策を考える

歯磨きをする白い歯のかわいい女の子

歯が汚いと他人に悪い印象を与えるのは、上記のような色々な原因が重なっている場合には特に気をつけなければいけません。

きれいな歯で他人に好印象を持ったもらうためには、原因を特定して改善策を考えましょう。

歯磨きの改善で対策になるのか、歯科医院での治療が不可欠なのか、と言ったことを含めて自分の歯の状態を把握する必要があります。

その上で、自分にとって最適の対策を実践してみましょう。



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です