オールセラミック

オールセラミックについて

オールセラミックの歯

虫歯治療の際には今まででしたら、金属製の部品や補填物が使われるケースも多くあります。

歯の部分はセラミックで作っていたとしても、歯の裏側には金属で補強が入っているケースが多くて、見た目的にも美しいものではありませんでした。噛む力に負けない強度と、長く使える耐久性が必要となっている為です。

こう言った金属の補強物は口を開けた際などに見えてしまうことも多く、より美しく治療したいと考えていた方も少なくはないはずです。

この悩みを解決してくれる先進的で優れた治療方法が、オールセラミックを利用したものとなります。

オールセラミック

歯磨きをする白い歯のかわいい女の子

オールセラミックは金属の補強パーツなどは使わず、全てセラミックで作り出されているのが特徴です。

用いているセラミックの特徴を使い分けることで強度を高めたものや、自然な歯に近い仕上がりとなるものなど、多彩な特性をもった人工歯を作成することが出来ます。

ジルコニア

近年では新しいセラミック素材として登場しているジルコニアを用いた治療方法も一般的となってきました。

ジルコニアは透明度自体は従来のセラミックに劣るものの、機能性では優れた素材とされています。

目立たない奥歯に使うことも選択肢ですし、従来のセラミックと複合的に使うことも可能です。

人気の治療法の一つ

オールセラミックは今のところ自費治療となりますが、旧来の歯科用レジンに比べますと機能的ですし、審美性も高いので利用する方は少なくありません。

レジンは手軽に使いやすいのですが強度的にも低く、長期間使用すると変色は避けられませんし、劣化して治療をやり直す必要性も出てきます。

これに対してオールセラミックは見た目も美しい上に強度も耐久性も高いですから、長い時間が経った場合でも自然な歯のように使用を続けられます。

インレーとしてもブリッジとしても活用できる用途の幅広さも魅力で、義歯やインプラントに用いられています。

デメリットとしては廉価とは言えない治療費と、素材が強いために他の歯への負担が大きいと言われることもありますが、歯科医院をしっかりと選べばデメリットは避けられます。

技術革新などもあってリーズナブルに利用できる歯科医院も出てきていますし、噛合せなどをしっかりと調整すれば、歯への負担が必ずしも大きいわけでは有りません。

これから治療を予定している方はもちろん、前に治療した銀歯やレジンの詰め物が気になっている方も、オールセラミックを考えてみては如何でしょうか。

前歯2本をセラミックにしました

オールセラミックの差し歯体験談ブログ

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています♪

体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

前歯オールセラミック体験談ブログ

こちらにお世話になりました♪

Japan Dental Frontier
東京・大阪・名古屋・神奈川で格安オールセラミック歯のJapan Dental Frontier

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました。治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です