歯科の技術は日々進歩しており、その影響によってもはや歯医者は単なる虫歯を治療する施設ではなくなり、より生活に密着した治療や検診を行うようになってきています。

中でもインプラントセラミッククラウンの技術は著しく高くなり、長年歯のことで悩んできた人でもほぼ解決できるようになりました。

虫歯や事故などで歯が欠けたり見た目が悪くなったりしたときには被せ物や差し歯を検討することになりますが、そこで最近注目を浴びているのがオールセラミックです。

オールセラミックのメリットとデメリット

今後も主流になることは間違いないため、改めてオールセラミックのメリットとデメリット、さらにいくつかの留意点を確認しておきましょう。

そもそもセラミックとは陶器で作られた被せ物や差し歯をいい、それを虫歯を削ったり物理的衝撃を受けるなどして欠けた歯に補填することをセラミッククラウンといいます。

そして、金属を一切使用せずセラミックだけで作られたものをオールセラミックといい、これを使用して治療していくことをオールセラミッククラウンといいます。

メリット

メリットとしてまず挙げられるのは、出来上がりが非常に自然であることです。

元々の歯の状態にもよりますが、特に熟練した技工士が製作するセラミックは非常に精巧であり、天然の歯とほとんど見分けが付きません。歯の治療においてそれが目立つことを悩みとする人は多いですが、出来上がりが自然であることでその悩みを解消することが出来ます。

次に先述した通り金属を一切用いないので、金属アレルギーの人でも安心して治療が受けられることです。また、被せ物や差し歯の治療を受けた後に歯や歯茎が黒ずんでしまうことがありますが、これの主な原因が被せ物や差し歯の土台に使われている金属成分の流出とされています。

その点金属を一切使っていないセラミックなので、長い期間綺麗な状態を保つことが可能となります。

デメリット

一方のデメリットとしては、まず費用が高額になることが多いということが挙げられます。

保険が適用されない分野なので、歯一本に対し平均で10万円前後はかかってしまいます。ただ保険外治療はクリニックによって価格差が大きいため、歯科選びが重要になります。

また、セラミックは非常に硬く弾力性に欠けるため比較的衝撃に弱く、しかも割れた場合は基本的に部分的な修復は不可能なのでまた新たに作り直す必要があり、その都度追加の費用がかかってしまいます。

オールセラミックは決して安いものではなく、また歯周病や歯槽膿漏などによって歯茎が浮いてしまうと目立ちやすくなるため、治療を検討する前にはしっかりとカウンセリングをしておくことが大切です。