オールセラミック

オールセラミックの値段について

オールセラミックの歯

オールセラミックにした場合、被せ物だと10~15万円程度の値段がかかります。

なぜ高額になるのかということですが、オールセラミックは保険が適用されないためです。

セラミックの値段について

セラミックは綺麗な仕上がりを望んでいる人に最適な素材です。この治療を受ける場合、信頼できる歯科医院を選ぶようにしましょう。保険が適用されないので値段は高くなりますが、保険適用される銀歯よりも見た目が良くなりますし、機能面でのメリットも大きいとされています。

そんな高額な保険外治療であるオールセラミックですが、1本あたり5万円程度で提供している審美歯科もあります。

【安い費用で自然な差し歯!】前歯オールセラミック治療

奥歯が虫歯になってしまった場合、治療を受けることになるでしょう。虫歯の治療は詰め物だけで済むこともありますが、場合によっては被せ物が必要になることもあります。

奥歯の場合は銀歯の場合のみ保険が適用されます。しかし、銀歯にすると会話の時や笑う時に目立ってしまいますし、もっと自然な見た目のものが良いという人もいるでしょう。

銀歯を入れると虫歯になりやすいですし、金属が溶け出して黒っぽくなってしまうこともあります。また、金属アレルギーを持っている場合、アレルギー症状を引き起こすこともあるので注意しましょう。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックはオールセラミックよりも値段が少し安くなります。この治療も保険は適用されませんが、見た目は白くて自然な仕上がりになります。

この素材はセラミックにプラスチックが混ざっています。ちなみに、プラスチックも水分に弱いですし、時間が経つと劣化して黒ずんでしまうこともあります。耐久性やアレルギーのリスクのことなどもありますし、基本的にはオールセラミックの方が良いでしょう。

耐用年数

オールセラミックの場合は一般的に10~20年程度の耐用年数があると言われています。

セラミックの場合は5年程度の保証期間があります。そして、普通の生活をしていて破損などがあった場合、無償または安価で交換してもらえます。保証期間については歯科医院ごとに異なっているため、しっかり確認しておきましょう。



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です