審美歯科

金属アレルギーの原因が歯科治療にあるかもしれません

前歯が欠けてマスクをしている女性

金属アレルギーと言えば、ネックレスや腕時計などの金属とお肌に触れている部分が赤くなってかゆみを感じるというイメージを持つ人が多いです。

そのため、アクセサリーなどの金属を身に付けないことが予防法だと考えられています。

アレルギーというのは、過剰な免疫反応であることが分かっています。金属そのものはお肌と触れても問題ありませんが、汗をかくと金属イオンが流出し、体内に入ることでアレルギー反応が出てしまいます。

その原因は、アクセサリーや腕時計にあると考える人が多いですが、実は歯科治療であるということがあります。

金属アレルギーの原因が歯科治療にあるかもしれません

歯科治療では、虫歯を削った際の金歯など、様々な金属が使われています。

銀歯という名前から、銀でできていると思っている人が多いですが、銀歯は様々な金属が混ぜ合わされていることが多いです。

歯科で使われる銀だけでなく、複合材料となる金属はどれもアレルギーを引き起こしてしまいます。

お口の中に金属がないように見えても、白い詰め物や差し歯の中に金属が使われていることもあります。

最近では、歯列矯正のためのワイヤーや、インプラント治療の金属にもアレルギー反応を示してしまう患者さんもいます。

金属アレルギーと、お口の中の治療というのは、一見関係がなさそうなので、多くの人が見逃しています。

おまけに、銀歯が原因だと、お口の中の粘膜にかゆみなどが出るという分かりやすい状態だけでなく、全身に症状が広がることも珍しくありません。

銀歯から溶け出した金属イオンは、血液を通して全身に運ばれ、手足などの皮膚に炎症が出るということもあります。

原因となる金属と、症状が出ている場所が離れているために、なかなか銀歯とアレルギーが結びつかなくなってしまいます。

症状が出ているときは

金属アレルギーの症状が出ているときは、まず、どのような金属に反応しているのかのパッチテストを行います。

皮膚にいくつかの種類の金属が含まれている試薬を塗り、どの金属に反応しているかを検査します。

その検査結果で、反応が出ている金属が使われている銀歯などを外すことで、治療を行います。

もちろん、銀歯に含まれている金属はすべて確定することができないので、疑わしいものから外していくということになります。

銀歯を外したままでは、噛むことに不自由が生じてしまうので、その部分には金属を使わない詰め物や差し歯を入れます。

金属を使わない材料は、白いプラスチックやセラミックなどの材質があります。プラスチックは安い材料ですが変色しやすく、壊れやすいです。

セラミックは透明感のある白さが特徴で、強度もありますが、高価であるという特徴があります。

歯科金属が原因かどうか考えてみる

メタルボンドの歯

金属アレルギーの疑いがあるときは、歯科治療が原因ではないかと考えてみましょう。

自分で口の中を見ることは難しいので、歯科医院を受診するようにします。その際に、歯科金属がアレルギーの原因であるかもしれないということも伝えておきましょう。

見ただけでは、金属であるかということが分からない場合にも、レントゲンを撮影すればすぐに金属がお口の中に入っているかが分かります。

手足の湿疹のようなものがなかなか治らないという場合や、口の中に口内炎ができやすい、粘膜がただれているというのは、金属アレルギーである可能性が高まります。

自覚症状がない人も多いので、もしお肌や粘膜になかなか治らないトラブルがある場合は、一度歯科医院を受診してみましょう。

歯科医院に行のが久々だという人も、これをきっかけに行くと、虫歯などが見つかることもあります。虫歯や歯周病などの、お口の病気は進行性です。アレルギーの疑いがあるときは、金属を使用しない治療法で治してもらうようにするといいでしょう。



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です