差し歯

歯科治療が原因の金属アレルギーの特徴と症状

前歯が欠けてマスクをしている女性

慢性的な疲れ・だるさなどは金属アレルギーから発生している場合があるので、口内に金属歯がある方は注意したほうがいいかもしれません。

予防・解消のための歯科治療としては、金属を取り除いていくことがポイントとなります。

歯科治療が原因の金属アレルギー

口内に原因物質がある状態でデトックスをしても十分に効果は期待できません。ダイエットをしながら暴飲暴食をしても、体重が落ちにくいのと同じ理屈です。

金属アレルギーの特徴としてアレルギー性皮膚炎、脱毛症などもあるので、これらの症状が発生したら治療をおすすめします。

虫歯治療で銀歯を入れたことがある方は注意が必要であり、放置しておくと症状が悪化する場合があるのです。保険適用の素材は確かに安いものが多いですが、リスクが大きいことを覚えておきましょう。

金属アレルギーはすぐに発生するわけではありませんが、原因物質が蓄積することでリスクを高めることになります。

原因を解消しない限りはリスクが消えないので、早期の歯科治療で症状を楽にしていきましょう。

身体の不調全般が特徴となる場合があるので、原因不明のトラブルに悩まされている方は口腔内の金属が原因かもしれません。

金属は唾液で溶解しやすい性質があるので、そのまま放置するのはよくありません。治療直後はまったく問題がなくとも、5年、10年と経過することで異常が発生することはあります。

アレルギー疾患はアレルゲンを長年蓄積することで発生し、花粉症のようなものです。今は大丈夫でも安心はできないので、万が一に備えて治療を受けておきましょう。

金属を使用しない差し歯

歯科治療でおすすめしたいのは審美歯科メニューであり、私も治療を受けたオールセラミックなどが評判です。

前歯オールセラミック治療体験談ブログ

奥歯の銀歯を治療するには硬度に定評のあるジルコニアが人気です。人工ダイヤモンドと言われており、セラミックを超える硬さがあります。

セラミックはやや欠けやすいため、奥歯にはジルコニアが使用されることが多いのです。

これらの治療法は審美歯科のため保険適用外になるのが特徴ですが、オーダーメイド感覚の治療が可能となります。

金属アレルギーの特徴・症状

オールセラミックの歯が素敵な女性

トラブルを解消するためには、若いうちの治療をおすすめします。

歯のトラブルは早期発見・治療をすることで、今後のトラブルを防げる可能性があります。

歯の悩みから慢性疲労・だるさにつながる可能性があるので、早めの改善がおすすめです。

金属アレルギーがやっかいなところは、症状の特定が難しいことにあります。

風邪・インフルエンザなどの症状は原因がハッキリしていますが、金属アレルギーに関しては非常に特定が難しくなっています。

原因を特定しにくいのが特徴であり、放置しておくと重症化していくのです。だからこそ早期のうちにリスクを取り除いていく必要があり、歯科治療は早めに受けておきましょう。

金属アレルギーの場合は早いうちに歯科金属を取り除くべき

歯を元気にすることは全身の健康につながるので、早めに治してしまいましょう。

金属歯は複数の金属が使用されていると、アレルギーのリスクが高くなります。銀やパラジウムのほかに、ニッケル、コバルトなどもよく使用されます。

金属アレルギーが発生しやすい状態として口内の炎症があり、粘膜がダメージを受けることで免疫力が低下してしまうのです。

早期の歯科治療で改善をして、金属を取り除いていきましょう。体内に蓄積された金属は時間をかけて排出されますが、金属が口内にある以上は排出されると同時に蓄積されます。

原因となる金属を除去していく必要があるので、歯科治療を早めに受けてください。

オールセラミックは価格を抑えることが可能であり、基本技術料を一律料金とするクリニックも登場しており、インプラントより安く治療できるのが特徴です。全身疾患につながる前に治療をしておき、身体を楽にしていきましょう。

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です