ジルコニアセラミック

銀歯と奥歯を白くするセラミック治療の費用について

オールセラミックの歯

奥歯の治療によって銀歯になってしまった方は意外とたくさんいらっしゃいます。

昔虫歯の治療を行った方ですと、銀歯になっているケースが多いでしょう。

奥歯はあまり目立たないと思われがちですが、実のところ口を開けた時に結構見えてしまうことがあります。しかも歯茎や周辺の歯が金属の素材によって変色することもあるので、見た目が汚くなってしまうことがネックです。

金属の成分が口の中で溶け出してくるため、黒ずみに悩まされることがよくあります。

さらに金属アレルギーに悩まされることも少なくないので、銀歯というのは厄介な存在です。

銀歯と奥歯を白くするセラミック治療の費用について

黒ずみや黄ばみが目立つようになってしまった時は、歯医者さんでホワイトニングの治療をすることが一般的です。

ところが銀歯になっている部分はホワイトニングの効果を得ることができなくなっているため、残念ながら白くすることができません。

ホワイトニングの効果がない!?~白くならない歯を白くする方法~

では白くするにはどうしたらいいのかと言えば、ベストなのはセラミックの差し歯治療を受けることになります。

歯の根が残っていない状態ですとブリッジ治療をしなければならないので差し歯治療は不可能です。ただ歯の根がある場合は差し歯治療をすることができますので、比較的安い費用で白くすることができます。

セラミックというのは陶器だけで作られている素材で、変色しにくいところが最大のメリットと言えます。

しかも耐久性も高いですから奥歯の治療にも適しています。

費用について

具体的な費用に関しては歯医者さんによって変わってきますが、大体7~12万円ぐらいで治療することができます。

保険が適用されませんから自費治療になってしまいますが、治療を受けてから何年経っても綺麗な状態を保つことが可能ですし虫歯にもなりにくいのでおすすめです。

保険が適用される方法としてはハイブリットセラミックがありますが、この治療にはプラスチックの素材も使用されているので3~4年ぐらい時間が経つと少しずつ黄ばみが目立ち始めます。

ハイブリッドセラミックの値段は本当に安い?

また耐久性もそれほど高くはありませんので、メンテナンスをしっかりと行う必要があるでしょう。

それでも費用は3割負担になりますから1万円ほどで済んでしまうところが大きなメリットです。

まとめ

白いオールセラミックの歯が輝く笑顔の女性

セラミックの差し歯治療をすることによって奥歯の白さを維持することができるようになったり、金属アレルギーに悩むこともなくなります。

汚れがつきにくい点もセラミックの魅力なので、悩んでいる方は思いきって治療をしてみてはいかがでしょうか。



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です