オールセラミック

オールセラミッククラウンは金属を使わないので安心

オールセラミックの歯

オールセラミッククラウンは保険が適用されないため治療費は若干高くなってしまいますが、最近はセラミック治療を受ける人たちも増えてきています。

オールセラミッククラウンは金属を使わないので安心

オールセラミッククラウンとは差し歯や被せ物に使用しますが素材は陶器なので金属を使わない点が大きな魅力の一つです。

保険が適用されるプラスチック製の差し歯や被せ物には金属が使われています。リーズナブルな値段で治療を受けることができるので負担額は少ないものの、長い期間にわたってプラスチック製の差し歯や被せ物をしていると口の中で金属の成分が溶け出すことがあります。

そうなれば金属アレルギーの症状が出てくる可能性が高いですし、歯茎が黒ずんでくるので見た目も悪くなるでしょう。

すでにアレルギーの症状が出てしまっている場合はプラスチック製の差し歯や被せ物の治療を受けることが難しいのも事実なので、そういった方はやはり安全性の高いオールセラミッククラウンの治療を受けたほうが良いです。

歯科治療が原因の金属アレルギーの特徴と症状

変色しない

オールセラミック治療の素晴らしいところは金属を使わない点だけではありません。

例えばプラスチックというのは非常に変色しやすいため短期間でも着色してしまいます。セルフケアを丁寧に行っていたとしても劣化が早いですし汚れやすいので歯科クリニックで頻繁にメンテナンスをすることになるでしょう。

ところがオールセラミックは陶器で出来ているため変色しないことが素晴らしいポイントの一つです。最低限のセルフケアを行い定期的にメンテナンスを受けるようにすれば長い期間にわたって美しい差し歯や被せ物を維持することができます。

プラスチック製の差し歯や被せ物は保険が適用されて治療費が安いのは事実ですが、メンテナンスの回数が多くなれば当然費用は大きくなっていきます。はじめからオールセラミッククラウンの治療をしていればメンテナンスにはあまりお金がかからないので、長い目で見るとセラミックの治療を受けたほうがお得です。

また、金属を使用した差し歯は長い年月利用していると歯茎を黒ずませてしまいますが、セラミックは歯茎を変色させません。

【歯ぐきの黒ずみの原因】差し歯の中の金属が溶け出している?透けている?

自然な見た目

キレイなセラミック歯でほほ笑んだ口元

プラスチック製の差し歯は質感が天然の歯とは全く違いますから見た目が不自然になってしまいます。

しかしながらオールセラミッククラウンは質感や透明感が天然の歯に似ていますのでとても自然でキレイに仕上がるところも魅力です。

特に前歯の治療を受ける場合は目立ちやすいので、天然の歯と見分けがつかないほど自然なセラミック治療がおすすめです。

最近は安くて質の良いセラミック治療をしている歯科クリニックも増えているので、歯科は安易に決めずよく調べて検討することが大切です。



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

↓治療はこちらでお世話になりました。値段は安いのに本当に高品質なのでおすすめです(´・ω・)

Japan Dental FrontierJDFのオールセラミック
【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です