審美歯科

セラミックの差し歯の種類と特徴

差し歯にはいくつかの種類があり、その中でもセラミック(陶器)を使用したものは仕上がりが自然なので人気があります。

その陶器で出来た差し歯の中にもいくつかの種類が存在します。

セラミックの差し歯の種類と特徴

オールセラミック

1つ目はオールセラミックです。

これは全体が陶器で出来ているという特徴を持っていて、自然な白さと透明感のある仕上がりになります。

いわゆる審美性が高く、普通にしていれば元々の歯との見分けがつきません。さらにはほとんど変色しないという特徴も持っています。

まさに使用している方も差していることを忘れるほどです。とりあえず元々生えていた状態となるべく変えたくない方にお勧めできます。

ただ、デメリットも存在します。それは割れやすいということです。

歯は1年で途方もない数の咀嚼を行います。その時に少しずつ負担がかかっていき、最終的に陶器が割れてしまうということは十分に起こり得ます。

歯の中には最奥歯のように強く嚙合わせることの多い歯と、そうでもない歯があります。従って、あまり強くかみ合わせない歯であればオールセラミックを使いやすいといえます。

出来に関しては歯科技工士の腕に左右される部分が大きいです。完成度の極めて高いものを付ければ違和感がほとんどありませんが、完成度が低いと境目目立ってしまうこともあります。それゆえに口コミなどで技術面を調べておくことをおすすめします。

価格に関してはおおむね8万円から15万円とされます。これはかなり高額の部類であり、安いものを選ぶことは仕上がりに不安を残してしまうこともあります。

10万円前後はかかるものと考えておきましょう。金属アレルギーの方にもお勧め出来ます。

ハイブリッドセラミック

2つ目はハイブリッドセラミックです。

これは歯科用のプラスチックであるレジンに、陶器の微細な粒子を混ぜることで作成されます。

レジンは保険治療でも使用されることから一般的な素材です。ここに陶器の微細な粒子を混ぜることでレジンの特性が向上します。

これによって高い耐久力と、審美性を手に入れた差し歯となります。こちらも金属を使用していないので金属アレルギーの方にもマッチします。

費用はだいたい4万から12万円なので全てを陶器にするよりは安く抑えられます。

この差し歯のデメリットになっているのが完全な陶器ではなく、プラスチックであるため変色の可能性があることです。

普通に生きていると様々な色の食材を食べることがあり、中にはもちろん着色料を使ったものもあります。

その中でレジンが変色してしまうかもしれません。もちろん、変色してから新しいものに変えるということも考えられます。

こちらもやはり歯科技工士の技術によって出来が変わってくるので、あまりにも安い場合は注意が必要があります。

メタルボンド

3つ目はメタルボンドです。

メタルボンドは外側から見える部分のみに陶器が使用されています。表面上は陶器ですが、中は金属というのが大きな特徴です。前歯など目立ちやすい歯によく使われます。

全てを陶器にした場合ほどではありませんが、見た目はかなり自然な白さに仕上がります。

オールセラミックの弱点であった耐久性を金属が補っている形です。それゆえに強く嚙合わせる部分にも使用できます。

中身には貴金属が使われます。これにより、金属アレルギーであっても低いリスクで装着することが出来ます。

ただ、天然の歯よりも強度が高いことはデメリットにも繋がっていて、噛み合う歯を傷めることがあります。

費用は約8万円から約15万円ほどであり、全てを陶器にした差し歯とあまり変わりません。

こちらもやはり歯科技工士の技術が出来に大きくかかわるので、それなりに費用をかける必要があります。

保険適用と保険適用外のもの

セラミック調のキレイな室内

差し歯には保険適用と保険適用外のものがあり、実質的な費用には大きな差があります。

その中でセラミックは保険適用外となっています。

つまり、高額な費用を払わないと利用することが出来ません。

単品のレジンなどを使用した保険適用のものを選べば大幅に費用を抑えることも出来ます。

ただし、陶器を用いたものには大きなメリットがあるため、単純に費用のめんだけでは判断をするこおtが出来ません。

特に見栄えに大きな影響を及ぼす前歯には保険適用外のものを使用する利点が大きいといえます。

施術を受ける際には素材を何にするかだけでなく、カウンセリングなどで詳しいことを聞いておくことをおすすめします。

それぞれの方の口内には違いがあるので、どの素材が適しているかも異なってきます。

素材と価格がしっかりとかみ合っているか

素材と価格がしっかりとかみ合っているかも重要なポイントと言えます。

保険適用の場合は料金に補綴物維持管理料が含まれており、2年間の保証期間において無償での対応を行ってもらうことが出来ます。

いずれにしても歯科技工士の力量は非常に重要です。

これまでの実績などを確認して、しっかりと実力を持った歯科技工士が作っているかどうかをチェックしてみることも、後々の納得の結果に繋がってきます。

前歯2本をセラミックにしました

オールセラミックの差し歯体験談ブログ

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています♪

体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

前歯オールセラミック体験談ブログ

こちらにお世話になりました♪

Japan Dental Frontier
東京・大阪・名古屋・神奈川で格安オールセラミック歯のJapan Dental Frontier

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました。治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です