差し歯

保険適用の差し歯と保険外の違いとは

メモとペン

歯の治療の1つである差し歯は自分の歯の上の部分が虫歯などで失われた場合に、歯の根元に人工的な土台を入れて被せ物をする治療のことをいいます。

土台の部分と被せ物は専用の接着剤でくっつけるので、入れ歯のように取り外すことはできないようになっています。

保険適用の差し歯と保険外の違い

差し歯には保険適用されるものと保険外のものがあります。どういった違いによって分けられるのかというと、差し歯に使う材料によって分けられています。

保険適用されるものは、レジンと呼ばれる歯科用のプラスチックや銀歯です。レジンを使った差し歯には、硬質レジンジャケット冠と硬質レジン前装冠があります。

保険適用の差し歯の種類

メタルボンドの歯

硬質レジンジャケット冠

硬質レジンジャケット冠にすると白い色の歯にすることができますが、透明感などはないので審美性に優れているとはいえません。強度もあまりなく割れたりすり減ってしまったりしやすいので、強く嚙合わせる部分には使用されません。

硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠は外から見える部分には白い色のレジンが使われていて、中は金属になっている歯のことをいいます。

中が金属なので強度は高く、強く嚙合わせる歯にも使用することができます。白い色なので前歯などの目立つ部分に使われることが多いですが、裏側の金属が見えることもあります。

小臼歯以降の歯に使用する場合には保険外となります。硬質レジン前装冠はセラミックに比べると透明感が無いので審美性には劣ります。また長く使っていると劣化して変色してしまうこともあります。

銀歯

銀歯は全体が金属で出来ている歯で、主に奥歯に使われます。金属なので強度があるため強い噛み合わせが必要な部分に用いても大丈夫です。

銀色なので見た目が良くないというデメリットがあり、長年使っていると金属が溶け出して金属アレルギーを引き起こす場合もあります。

保険外差し歯のオールセラミックとハイブリッドセラミック

オールセラミックの差し歯

保険外の差し歯に使われる材質にはセラミックがあります。

セラミックの歯には、全体がセラミックで出来ているオールセラミックや、歯科用プラスチックのレジンにセラミックの微粒子を混ぜたハイブリッドセラミックなどがあります。

どちらも透明性のある自然な白色なので、審美性には非常に優れています。金属も使用していないので、金属アレルギーを引き起こしてしまう心配もありません。

オールセラミックは変色することがほとんどありませんが、ハイブリッドセラミックの場合にはレジン(プラスチック)を混ぜているため変色してしまうことがあります。ハイブリッドセラミックは保険外の歯の中では比較的リーズナブルな価格になっている傾向があり、治療箇所によっては保険が適用されるというメリットもあります。

ただ前歯など目立つ箇所の治療は、本当に天然の歯のようにキレイな見た目にできるオールセラミックが一番適していると言えます。



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です