歯科クリニックで行われている一般的な治療となると、保険を使うことができるので自己負担額はそれほど高額にはなりません。

しかしインプラントや審美歯科、矯正などの治療になると自由診療であることも多く、保険適用外となって全額自己負担となってしまいます。

高額な歯科治療を分割払いにする方法

他にも、虫歯や差し歯の治療の場合には保険適用内と保険適用外の二つの種類が用意されていることもあります。

保険適用内となると、最低限の治療となってしまうために美観的には劣る面があり、前歯など人目につくような部分であればいかにも治療をしたような見栄えになってしまいます。

虫歯や差し歯の治療でも、審美性を高めるようなワンランクアップさせた治療を希望する人も多いものですが、そうなれば自由診療となってしまうために費用の面での負担が増えることになります。

その日にいきなり高額な歯科治療が行われ、治療後の会計で驚くような高い治療費を請求されたというトラブルは一般的にはないのですが、保険適用外の治療を受ける際には前もってクリニックからの説明を受けて支払いの方法を相談することもできます。

歯科クリニックによっては、クレジットカード払いを用意していることもあります。そうなれば、クレジットカードを持って来院していればその日のうちに治療を開始してもらうことができます。

しかし、クレジットカードを持っていないという人になれば、お金が貯まるまでは歯も今の状態のままで不自由な思いをすることになってしまいます。

歯科クリニックでは、デンタルローンという支払方法も用意されています。これは、歯科クリニックと提携している銀行やカードローン会社との契約によってローンを組むことができるサービスとなります。

デンタルローンを利用する

デンタルローンを利用すれば、今はまとまったお金がないという人でもすぐに治療を受けることができるのです。

ただし、どのクリニックでも採用されているわけではないので、利用を希望しているのであればまずはデンタルローンを採用しているクリニック選びから始めることになります。

また、クリニックによって契約しているローン会社の種類は違うこともあるので、同じ治療でもどのクリニックで受けるのかによっても利子の支払額が違ってくることになります。

一般的にはデンタルローンを大きく分けると、銀行系と信販系の二つの種類があるのですが、銀行系の方が金利が低い傾向にあります。

しかし、インプラントと矯正だけなど治療範囲も限定されてしまうため、自分の治療は対象外となって信販系の高い金利で利用せざるを得なくなってしまいます。

インプラントなどのように100万円を超えるような治療になれば利子の金額も高額になってしまうため、より安い費用で出費を抑えるためにも比較が必要になってきます。

デンタルローン以外の方法

ローン払いをするにも、歯科クリニックのデンタルローンを利用しないという方法もあります。

デンタルローンは歯科治療にだけ利用ができるローンとなるのですが、銀行のフリーローンを利用してみるという方法もあります。

その名の通り利用目的は自由なローンとなるので、歯科治療に当てることもでき、返済もATMが利用できるのでとても便利です。

高額なお金を借りるということは、利子の金額だけでも驚いてしまうことになります。少しでも節約をするためにも、より金利が安く総支払額を低く抑えることができるような手段を比較することは欠かせません。

急な治療の場合には判断を焦ってしまいがちですが、今後何年も支払いを続けることを考えて前もって金利の比較を行い、賢くローンを利用してみるといいでしょう。