自費で行うダイレクトボンディングとは?と気になる方は歯科クリニックに相談する前に、どのような治療なのかという点と費用について知っておきましょう。

ダイレクトボンディングとは?

ダイレクトボンディングとは、専用のプラスチックで作られた人工物を歯の表面にくっつける事を指します。

そのためホワイトニングでは綺麗になりきらなかった表面の黄ばみや、虫歯などで黒ずんでしまった表面を自然に白い歯を作り出す事が可能です。

ただし注意点もあります。歯科クリニックでダイレクトボンディングを受ける事が可能ですが、一部を除いて自費診療です。

また、使用する数が多ければそれなりに高額になります。保険適応になる場合は、虫歯などで治療をした際に欠けている又は埋める必要がある場合です。

必ず保険適応の有無を確認しておき、保険外の場合は費用を考えながら期間を空けて行う事を前提に、歯科医師と相談しながら治療を進める事がポイントです。

ダイレクトボンディングに近い保険診療で行える被せ物もありますが、これらに使用されるプラスチック製品よりも自然で違和感のない見た目になります。

歯科クリニックによって使用している物が異なる場合があるので、必ずカウンセリング時に現物を確認しましょう。

費用について

ダイレクトボンディングを行った場合の費用は、保険適応で700円から受ける事ができます。

保険外は最大50000円程になりクリニックによって費用は異なります。

費用をなるべく抑えたい方は複数のクリニックで費用を比較してから検討しましょう。

耐久性について

耐久性に関してはプラスチック製品のため、歯ぎしりなどの摩擦や強い力が継続的にかかると欠けてしまう原因になります。

また、メンテナンスが必要になり、定期的な通院が必要です。

プラスチックで作られているため金属アレルギーがある方や今までの被せ物が合わなかった方も使用しやすいため、耐久性に多少のデメリットがあってもしっかりとしたメリットも多くあります。

特に最大のメリットは、セラミックのように歯を大幅に削る事なく接着ができ、自分の歯を出来る限り残したいと考えている方に向いています。

必要以上に削る事がなく、メンテナンスを定期的に行う事で長い期間の間使用する事が可能でしょう。

メンテナンスの費用

メンテナンスにかかる費用は、クリニックによって異なりますが約5000円が目安になっています。

あまりにも安過ぎる場合はメンテナンスの内容を確認しましょう。

また接着面が剥がれていないかなでの確認は出来るだけ自分でも行い、剥がれている可能性のある部分は必ず歯科医師に伝えましょう。