オールセラミック

e.maxを利用したセラミック治療

オールセラミックの歯

従来の銀歯を詰め込む方法とは違い、不自然な治療跡を残さずに済むのがセラミックと呼ばれる素材です。

この素材を使った治療方法には様々な種類があり、歴史の古いものから新しいものまで存在します。

e.maxを利用したセラミック治療

比較的歴史の浅い新しい治療方法として、e.maxと呼ばれる素材が使われることがあります。

この素材は二ケイ酸リチウムガラスという成分が含まれており、この成分は強度が高いことで知られています。

その強度の高さは本来の歯のエナメル質にとても近いことがわかっており、硬すぎずに本物の歯のような質感を得られるというメリットがあります。

硬すぎてしまうとその素材が原因になって他の歯や口の中を傷つけてしまうリスクが高まりますが、程よい柔軟性を持っていますので周囲の組織を傷つけずにすむのがメリットです。

それでありながら十分な耐久性を持っているため、歯を酷使しても品質が落ちないという特徴があります。

オールセラミック治療に使われる素材の一つ

e.maxはオールセラミックの仲間に入りますので純度が高く美しい透明度を持っていますが、他のセラミック素材に比べてもその透明度の高さは優れており、自然の歯の色を表現しやすくなっています。

程よい柔軟性を持っているため硬い素材に比べると加工がしやすく、治療を施す歯の形にちょうどよいサイズのものを作れます。

金属が素材の中に含まれておらず、成分が染み出してアレルギー反応を起こさないため、従来の銀歯のクラウンやインレーが使いにくい患者に対しても安心して使えます。

銀歯による治療を行うと歯茎の部分に黒ずみが発生しやすくなる一方、e.maxであれば黒ずみが発生せず審美性を保ったまま治療を終えることが可能です。

オールセラミック(e.max)にかかる費用

保険診療ができない素材とあり、費用が高くなるのがデメリットです。

クラウンの場合で1本につき6万円~10万円くらいの費用が発生します。インレーに対してはクラウンよりも安くなりますが、それでも1本につき4万円~5万円くらいがかかります。

透明度の高さが売りではあるものの、透明度が高いからこそ下の色を拾ってしまうため、元の歯の色があまりよくないとそれが見た目の悪さに結びついてしまう可能性があります。

強度が高すぎないのがメリットではあるものの、その代わりにその程度の強度にとどまりますから、ブリッジを行う際には適用できないのが問題です。

e.maxを使った施術では歯を削る部分が比較的多くなるため、施術を行う歯医者や技工士の技術による差があらわれやすい特徴を持っています。

前歯2本をセラミックにしました

オールセラミックの差し歯体験談ブログ

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています♪

体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

前歯オールセラミック体験談ブログ

こちらにお世話になりました♪

Japan Dental Frontier
東京・大阪・名古屋・神奈川で格安オールセラミック歯のJapan Dental Frontier

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました。治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です