オールセラミック

銀歯を目立たなくするいくつかの方法

メモとペン

目立つ銀歯を目立たなくするにはどんな方法があるのでしょうか。

銀歯を目立たなくする幾つかの方法

今回は幾つかの方法をピックアップしたので紹介したいと思います。

ハイブリッドセラミックレジン冠

銀歯を健康保険を適用させて目立たなくする方法の1つにハイブリッドセラミックレジン冠を埋め込む治療法があります。

2014年の4月から真ん中から数えて4番目と5番目にあたる小臼歯に限り健康保険が適用されるようになっています。CAD/CAMと呼ばれる医療機器でレジンの塊を削って作ります。

金属を全く使わないため金属アレルギーを引き起こす心配がないというメリットがある一方で長い期間に亘って使っていると色が変わってくることが多かったり、割れやすく磨り減りやすいため噛み合わせ次第では使えない場合があるというデメリットもあります。

治療を受ける歯科医院にCAD/CAMが設置されている必要があり、厚生労働省に認可されている歯科医院でしか健康保険が適応されません。

まだハイブリッドセラミックレジン冠を扱っている歯科医院が少なく自由診療として扱っている歯科医院もあります。

ハイブリッドセラミックの値段は本当に安い?

セラミックインレー

銀歯を自由診療で目立たなくする方法の1つにセラミックインレーを使う治療法もあります。

セラミックインレーとはセラミックで作られた詰め物のことを指します。他の詰め物と比較すると削らなければならない歯の量が多かったり割れやすかったりするデメリットがありますがこちらも金属アレルギーの心配がないというメリットがあります。

そして見た目が良く変色もしにくく汚れが付着しにくいです。

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレーも銀歯を目立たなくする治療法の1つになります。

ハイブリッドセラミックインレーとはセラミックとレジンを混ぜてできた詰め物になります。

長い期間が経過するとすり減ってたり変色したりすることが多いというデメリットがあるものの衝撃に対して強度がありセラミックインレーと比べてみると割れにくく金属アレルギーを引き起こす可能性がほとんどないというメリットがあります。

オールセラミック冠

オールセラミック冠は全体的にセラミックで作られている被せ物になります。

オールセラミック冠は透明感があって最も自然な歯に近い質感に仕上げることが可能なため銀歯を目立たなくする有効な方法の1つです。

歯を多めに削る必要があったり割れやすいといったデメリットがあるものの、ほとんど変色することがなく汚れが付着しくいというメリットがあります。

見た目が良く透明感もあります。

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウンは内面にジルコニアを使ってセラミックを表面に貼った被せ物になります。

ジルコニアは人工ダイヤモンドとしても利用される綺麗に仕上げられる素材になります。

ジルコニアセラミッククラウンは強度が高いため奥歯も治療できるというメリットがある銀歯を目立たなくする方法になります。



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

↓治療はこちらでお世話になりました。値段は安いのに本当に高品質なのでおすすめです(´・ω・)

Japan Dental FrontierJDFのオールセラミック
【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です