差し歯

銀歯が意外と目立つ上の奥歯の悩みを改善する方法について

メモとペン

昔は虫歯を治すために銀歯の治療をするクリニックが多かったので、現在も銀歯の状態のまま過ごしている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

銀歯が意外と目立つ上の奥歯の悩みを改善する方法について

奥歯は前歯に比べると目立ちにくい場所ですが、口を開くと意外と目立つのも事実です。

上の奥歯でしたら下の奥歯よりも目立たないですが、角度によっては銀歯が光って目立ってしまうこともあります。

また金属製の素材というのは口の中で成分が徐々に溶け出してきます。そうするとアレルギーの症状を引き起こすこともありますし、歯茎や周辺の歯を黒くしてしまうこともあるので見た目が悪くなるでしょう。

おすすめはセラミック治療

オールセラミックの歯

このような問題に悩まされるようになったら、セラミックの差し歯治療を行うことをお勧めします。

黒くなってしまった歯はホワイトニングでも改善することができるのですが、銀歯には残念ながらホワイトニングの治療をすることが出来ません。

なので一度黒くなってしまうと歯のマニキュアを塗って白くしたり、セラミックの差し歯治療をして白くするしかありません。

歯のマニキュアは薬局やドラッグストアにも置いてありますし、ドン・キホーテなどの大手の雑貨店でも売られています。

ですから気軽に購入して白くすることができるのですが、奥歯は非常に塗りにくいのでセルフケアでは難しい可能性があります。

クリニックでホワイトコートの治療をすることもできますが、ホワイトコートは歯のエナメル質に深刻なダメージを与えることもあるためお勧めできる方法ではありません。

しかも2~3ヶ月おきに塗り直さないといけませんし、一回につき1万円ほどの費用がかかりますから負担額も意外と大きいです。

セラミック治療の費用

セラミックの差し歯治療は保険が適用されませんので、大体6~12万円ほどの費用がかかるのも事実です。

ただ長い期間にわたって定期的にホワイトコートの治療をするよりも、セラミックの差し歯治療にしたほうがメリットがありますので試していただきたいです。

【安い費用で自然な差し歯!】前歯オールセラミック治療

最後に

セラミックは陶器だけで作られていますし、時間が経過しても変色しないのが特徴です。

さらに耐久性のある素材ですので奥歯に使用しても壊れる心配もありません。

セラミックは傷もつきませんし汚れにくいためセルフケアをしっかりと行っていれば、ずっと白くて美しい状態を保ち続けていくことができてしまいます。

保険が適用される方法では変色しやすいプラスチックの素材が使われていますし、上の奥歯を目立たないようにするためにもセラミックの治療を受けてみてください。



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です