人間の第一印象は、口元で決まると言っても過言ではありません。

美しい口元なら初対面の相手にも好印象が残せ、プラスの関係からスタートすることができるでしょう。

しかし、口元が汚いと相手に不快感を与えてしい、今後の関係にも悪影響を及ぼします。マイナスの関係からスタートしてしまうので、良い関係を築くまで苦労することになります。

歯並びが悪いと印象は悪いことが多い

相手からマイナスに見える口元とは、歯並びです。綺麗に整っていればマイナスにはなりませんが、悪いと汚らしい印象を与えてしまいます。

もちろん、人間性の全てが口元で決まるわけではありません。ですが、多くの人は歯並びが悪いとマイナスに思うのも事実です。

実際に歯並びにコンプレックスのある人は、自身の口元を気にしています。大きく口を開ける相手に不快感を与えることもあるので、人前では笑えないこともあるほどです。

このままでは自分の感情を押し殺してしまうので、性格にも悪影響が出てくるでしょう。人前で笑えないほど口元が気になっているなら、歯列矯正がおすすめです。

歯列矯正を行う

歯列矯正には、大人になってからでは効果が薄いイメージがあるかもしれません。確かに子供のうちにしておくのが有利な面もありますが、成人になってからでも全く問題ありません。

期間をかけてじっくり矯正していけば、大人でも綺麗に整えることはできます。また、矯正をしていると器具が目立って、さらに笑えないと思われがちです。

ですが、矯正器具も現在では進化していて、目立たない透明タイプがあります。透明タイプなら器具を装着して笑っても、目立ってしまうことはないでしょう。

さらに現在では、透明タイプよりもっと目立たない、裏側矯正という歯の裏側から矯正する器具も登場しています。裏側から歯を矯正していく器具なら、人前で気になることはありません。周りの人に知られずに矯正していけるので、長期間かかっても気にならないでしょう。

また、最近では悪い歯並びを矯正するための方法として、インプラントやオールセラミックを使うこともあります。オールセラミックを使った矯正方法なら、従来からある器具を装着する方法よりも、期間を短縮することが可能です。

結婚式や成人式など、一生の記念となる一日までに矯正をしたいなら、セラミック矯正のような短期間で結果が出る方法を選ぶと良いでしょう。

歯並びが悪いままだと、人前で笑えないばかりか性格まで暗くなり、印象はさらに悪くなります。

しかし、矯正によって綺麗に整えられれば、性格も明るくなり人生を一変させることができます。