原因不明の肌荒れや皮膚炎が起こるという人は、もしかしたら金属アレルギーかもしれません。

原因不明の肌荒れや皮膚炎

心当たりがあって、その金属を身に着けなくすることで症状が和らいだりするなら、十分にその可能性があります。

可能性のあるものは、例えば腕時計、ネックレス、イヤリング、ピアスや指輪のようなアクセサリー類などがあります。

基本的には直接肌に触れるものが怪しいということになります。同じ金属製品でも、衣服の上から身に着けるようなものはまず影響はありません。

金属アレルギーが起こる仕組み

どうして金属アレルギーになるかというと、例えば夏場など汗をかいたようなときに、肌に触れている金属がごくわずかながら汗によってイオン化して溶け出し、それが皮膚を通して体内に吸収されるからです。

もちろんアクセサリなどに使われている金属は目に見えるほど溶け出すはずがありませんが、ごくわずか、ミリグラムよりもさらに小さい、マイクログラムやナノグラムといった単位の量でさえ、可能性としてはアレルギーが起きることはあるのです。

このようなアレルギーはどんな人にでも起こる可能性がありますが、人によっては全く起こさない人もいます。

また、これまで何の問題もなかった人にいきなり発症することもあります。去年までなんともなかった人に今年になって花粉症が起きるのと似たようなものがあります。

金属の種類による

また、原因となる金属の種類も様々です。ただし、原因はイオン化のしやすさ、それにイオン化した金属が体内に取り込まれる程度に左右されてきますから、ある程度怪しいものは特定されてきます。

例えば金や銀、プラチナのような貴金属と呼ばれる金属は非常に安定性が高く、多少のことではイオン化しません。中学や高校の化学でも習ったでしょうが、このような貴金属は塩酸のような液体につけてもイオン化しないのです。

たかが汗くらいではごくわずかといえども全く溶け出さないといえますから、まずアレルギーを起こすようなことはありません。

イオン化しやすさ

別の観点では、同じ金属であっても、それがイオン化したときに体内へ取り込まれやすい状態にあるものほど注意が必要です。

この意味で注意すべきなのはピアスです。耳たぶに穴をあけて使用するわけですから、皮膚のバリアがかなり弱く、溶けだした金属イオンが容易に体内、血流内に取り込まれることが考えられるからです。

どんな人でもアレルギーを起こす可能性があるということを考えると、ピアスはこの観点からはあまりお勧めはできません。

どうしてもしたいのであれば、貴金属製品のピアスを利用したほうがよいということになります。

アクセサリーよりも気をつけるべき歯

ここまで主にアクセサリーの金属の話をしてきましたが、普通の人でも、実はアクセサリー以外に気をつけないといけない金属があります。むしろアクセサリー以上に注意が必要かもしれません。

それは歯です。歯科治療で金属の詰め物をしている人は多いでしょう。

これは汗どころか、常に唾液という液体にさらされている状態ですから、アクセサリーよりさらにイオン化しやすい状態にあると言わざるを得ません。

いつ発症するか分からないという意味では、治療時や治療直後に問題がないからと言って安心するわけにもいかないのです。

また、アクセサリーと異なって、原因不明の肌荒れや皮膚炎が起きた際にこの歯の詰め物が怪しいかもしれないと思っても、自分自身で取り外すということができません。

そういう意味ではアクセサリー以上にアレルギーに気をつかうべきでしょう。

できるだけアレルギーの起こしにくい貴金属を利用してもらうよう歯科医とよく相談するとか、あるいはそもそもそんな詰め物を必要とすることのないよう日頃から歯を大切にしておくことが重要になってきます。

銀歯などの金属を使用したものではなく、保険外のセラミックを使ったオールセラミック治療など、メタルフリーな治療を行うのも解決策の一つです。