差し歯

保険適用される差し歯のデメリットとは

メモとペン

歯を失ったらクリニックで治療を受ける必要があります。せっかく治療を受けるならできるだけ綺麗に治したいという人も多いでしょう。

保険適用の差し歯のデメリット

奥歯の治療で詰め物を入れる場合、一般的に保険が適用されるのは銀歯での治療のみです。

銀歯による差し歯は値段が安いのですが、目立ってしまうというデメリットがあります。また、金属アレルギーなどが心配な人もいるでしょう。

見た目を綺麗にしたいならセラミックがおすすめです。

【安い費用で自然な差し歯!】前歯オールセラミック治療

セラミックについて

基本的には保険適用外で費用が高い

基本的にセラミックは保険が適用されません。

使われている材料は保険の適用が認められていないため、費用は全額自己負担となります。

セラミックは審美性に優れており、精度が高いので虫歯のリスクも少ないとされていますが、値段が高いことがデメリットであり、治療を受ける時にはしっかり確認しておきましょう。

一口にセラミックといってもさまざまな種類がありますが、被せ物(クラウン治療)の場合は8〜15万円程度が相場と言われています。

ですが保険外治療は歯科によって価格設定が大きく異なるため、中には5万円以下でオールセラミックにできる審美歯科のようなところもあります。

長持ちする

セラミックは一般的に銀歯よりも長持ちします。しかし、きちんとメンテナンスを行わないと悪くなってしまうこともあるので注意しましょう。

セラミックは値段が高いだけでなく、強い力を加えると欠けてしまうことがあるのもデメリットの一つです。そのため以前は奥歯の治療には使えないことが多かったのです。しかし、最近では強度のあるセラミックなども増えており、奥歯の治療にも使えるようになってきています。

奥歯にも安い費用でオールセラミック!?丈夫な素材ジルコニアで銀歯も白く!

ちなみに、歯を削ってセラミッククラウンを被せる場合、強度を高めるためにセラミックの厚みを増す必要があります。結果として歯を多く削らなくてはならないこともあります。

セラミックは陶器で作られており、過度に力がかかってしまうと欠けたり割れたりしてしまうことがあります。食いしばりや歯軋りの癖がある人は割れるリスクも高まってしまうので注意しましょう。

安易に決めずしっかり歯科を探すことが大切

メモを取る手元

特に前歯に差し歯を入れる時は安易に決めるのではなく、しっかり信頼できる歯科医院を選ぶことが大切です。

前歯というのは口を開けた時や笑った時などに一番最初に見えてしまう部分です。そのためできるだけ自然で美しい差し歯の素材を選ぶようにしましょう。

セラミックは見た目が綺麗ですし、着色しないので自然な仕上がりを長くキープすることができます。セラミックで治療する場合、かかってくる費用についてきちんと確認しておきましょう。

セラミックは保険適用とはなりませんが、保険適用される金属を使用した差し歯に比べ、遥かに審美性が高く自然でキレイな歯にできるので、前歯などを治すのであれば保険外の差し歯を選ぶことをおすすめします。



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です