差し歯

保険外差し歯の種類と値段

メモとペン

差し歯は、虫歯などの治療で削った歯に補綴物を被せる処置です。

歯科治療ではポピュラーになものですが、一口に差し歯といってもいろいろなタイプがあります。日本は皆保険制度の国なので、歯科治療も保険証の提示で低負担で受けられるのがメリットです。

しかし、保険の制度では歯科治療を健康と機能の回復を目的とするものと位置づけているので、見た目のきれいな治療・快適な治療を追求するとなると健康保険が適用されず全額自己負担の自費治療を選択することになります。

差し歯治療でも同様で、保険が使える治療と自費で受ける治療があります。

保険外指し歯の種類と値段

オールセラミックの歯

保険外の治療では費用が高額というイメージが定着していますが、保険外の治療にもいろいろな種類があり治療費もさまざまです。

保険外の治療を受けたいと迷ったり悩んだりしている場合は、まずはいろいろな治療の種類について値段の面も含めて正しい知識を持つことが納得のいく審美治療を受けることにつながります。

自費での治療は自由診療とも言い、歯科医院ごとにそれぞれ値段を設定できます。

自費治療の値段には技術料といって施術料にあたる費用も含まれるので、事前によく調べることが重要です。

オールセラミック

オールセラミックは、自費治療の差し歯の代表です。

全体が陶器素材のセラミックでできていて、自然な透明感が人気の治療です。オールセラミック治療の値段の目安は、一般的に8万円~15万円前後とされています。

ただ保険外治療は歯科によって大きく価格設定が違うので、相場の半額程度でできる歯科もあります。

【安い費用で自然な差し歯!】前歯オールセラミック治療

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックは、陶器素材のセラミックに歯科治療用のプラスチックであるレジンを混ぜて作られる差し歯です。

セラミック・レジンともに金属アレルギーや歯茎・歯の黒ずみの原因にならず安心な治療で強度も問題なく、保険外の治療の中では比較的値段が抑えられるのが特徴です。

ハイブリッドセラミック治療では4万円前後~12万円前後が費用の相場です。治療箇所によっては保険が適用される場合もあり、そうなると3割負担となります。

メタルボンド

内側に金属を使って強度を高めているメタルボンドは、前歯の治療でよく用いられます。

使っている金属は貴金属なので、イオン化による溶け出しで黒ずみやアレルギーを起こす心配はなく安心です。メタルボンド治療では8万円~5万円程度の費用がかかります。

土台に金属を使用しているため経年劣化によって歯茎の黒ずみが発生することもあり、前歯の保険外治療はオールセラミック治療が主流となってきています。

ゴールドクラウン

ゴールドクラウンという、いわゆる金歯もあります。

奥歯に使われることが多いゴールドクラウンには金や白金の貴金属が使われていて、費用は5万円~15万円前後が中心です。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドのように金属を使用することなく、セラミックにも人工ダイヤのジルコニアという素材が使われている非常に耐久力の高いタイプの保険外差し歯です。

人工ダイヤにはアレルギーリスクもなく、耐久性・審美性ともに優れ力のかかる奥歯にも適しています。ジルコニアセラミッククラウンの費用は大体10万円~20万円です。

歯科によっては5万円ほどでできることもあります。

結構安い?ジルコニアセラミッククラウンの費用【差し歯】



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

↓治療はこちらでお世話になりました。値段は安いのに本当に高品質なのでおすすめです(´・ω・)

Japan Dental FrontierJDFのオールセラミック
【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です