差し歯

保険外差し歯の種類と値段について

差し歯の治療を受ける際に保険適用から保険外までをすべて含めると、一本当たりの値段としては約3000円から20万円と大きな値段の幅があります。

全然違う!保険内と保険外の差し歯の値段

保険適用であれば3000円から8000円程度の値段で抑えることができますが、保険外となると約4万円から20万円というように大きな違いがあります。

この値段の違いとしては主に素材の違いとなり、費用をできるだけ安く抑えたいという人もいれば、見た目が重要であるのでたとえ値段が高くなっても構わないという人もいるでしょう。

特に前歯の差し歯の場合には、人と会話をしたり笑って歯が見えた際には目立つことになるので、それぞれの素材の特徴や値段をあらかじめ知っておいた方がよいと言えるでしょう。

保険外差し歯の種類

オールセラミック

オールセラミックの差し歯

レジンを使うことなくすべてをセラミックでつくられたオールセラミックは、およそ 8万円から15万円ほどの費用となります。

セラミックは汚れが付着しにくく経年劣化による変色も見られないので、審美性が高いという特徴があり、金属アレルギーの心配もない素材。

私は実際に前歯2本をオールセラミックにしましたが、本当に天然の歯と見分けがつかないほど自然でキレイなので、前歯のコンプレックスがなくなり歯を見せて笑うことに抵抗がなくなりました。

前歯オールセラミック治療体験談ブログ

しかしオールセラミックに使用される素材は陶器の素材であり、強い負荷のかかる奥歯などには向いていないというデメリットもあります。その代わり奥歯にはジルコニアという高い強度のセラミックを使用したオールセラミックもあります。

ハイブリッドセラミック

保険外治療となる差し歯の種類と値段としては、まず最初にレジンにセラミックの粒子を練り合わせた素材が使われているハイブリッドセラミックがあげられ、その値段としてはおよそ4万円〜8万円ほどとなります。

ハイブリッドセラミックは前歯から数えて4・5番目の小臼歯という歯のみ保険が適用になり費用が3割負担になりますが、それ以外の箇所であれば保険外になります。(金属アレルギーの人は6・7番目の大臼歯も対象)

保険外の差し歯としては比較的値段が安い素材の一つであり、素材自体の強度が比較的強いので噛み合わせで力のかかる部分にも使うことができます。

もちろん金属アレルギーの心配もありませんが、レジンを含んでいる素材であるため、やはり経年劣化により少しずつ変色が見られる可能性が高いです。

メタルボンド

メタルボンドの差し歯

内部が金属で表面をセラミックで覆っているメタルボンドは、保険外治療の差し歯としては前歯にも奥歯にも使用することができます。もっとも一般的に使われている素材で、その値段としてはおよそ8万円から15万円ほどとなっています。

オールセラミックと同じように素材に汚れが付着しにくく、経年劣化による変色も見られないので、審美性が高いという特徴があります。

基本となるベースが金属でつくられているため、噛み合わせが強い奥歯などにも使うことができますが、金属アレルギーを持っている人には不向きといえるでしょう。

審美性で言えば、やはり金属を使用している分オールセラミックに比べると劣ります。金属が光を通さないため、少し不自然な白さになってしまうのが避けられないためです。



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です