差し歯

自費治療による差し歯で知っておくべき事とは

オールセラミックの歯が素敵な女性

前歯というのは、他人と会話したり笑ったりした場合にどうしても人目に付いてしまいます。虫歯や事故により前歯が欠けたり割れてしまった場合には、出来るだけ早く治療を行うべきです。

ただし人目に付き易い部位であるだけに、出来るだけ自然な形で治したいと希望する人が多かったりします。特に前歯に銀歯を入れてしまうと、かなり不自然で目立ってしまうので出来るだけ避けたい所です。

出来るだけ自然な見た目で差し歯を入れたい人は、値段が高くなってしまいますが自費診療にするべきでしょう。

自費診療の差し歯治療

自然な見た目を実現出来る差し歯としておすすめなのがオールセラミック歯です。

オールセラミック歯は名前の通り、セラミック成分を全て用いた物を高温で焼き固めた素材で作り出されています。セラミックの色合いは本物の歯に近いため、本物と同様の透明感のある白い歯を手に入れる事が可能です。

しかもセラミックは陶器であるため、オールセラミックには金属が一切含まれていないという利点もあります。お陰で銀歯の様に金属アレルギーを引き起こす心配はなく、使用している内に金属が溶け出してしまい歯茎が黒く変色する心配もありません。

耐久性も優れているため、長く自然な見た目を維持する事が可能です。

費用が高い

欠点としては、オールセラミック歯は高品質なだけに1本辺りの治療費もかなり高かったりします。

しかも前述した様に自費診療で保険適用外であるため、高い費用をそのまま支払わなければなりません。お陰で1本ならともかく、複数の歯をオールセラミックにするとなるとかなり高額な費用が必要です。

最近はかなり安い費用でオールセラミックにできる審美歯科もあり、私も実際に前歯2本をオールセラミックにしました。

前歯オールセラミック治療体験談ブログ

ハイブリッドセラミックという選択肢も

自費診療を覚悟しても余りに高額な費用だと負担し切れないという人には、ハイブリッドセラミックによる治療も検討してみるといいかもしれません。

ハイブリッドセラミックとは歯科治療に用いられている樹脂素材と陶器のセラミックを混ぜ合わせた素材を用いるので、樹脂素材とセラミックの中間的な性質です。

もちろんオールセラミックと比較した場合はやはり見た目の自然さで劣ってしまいます。ですが銀歯と比較した場合は、色が白いので不自然さを感じにくくなります。

そんなハイブリッドセラミックの利点としては、治療する歯によっては保険適用を受ける事が可能な点です。元々オールセラミックよりも費用は安く済みますが、保険適用になる場合はかなり費用を安く出来ます。基本的には前歯から4・5番目の歯のみ保険が適用となります。

保険適用されず自費診療となった場合でも、オールセラミックよりも安くそれなりに自然な見た目の歯を手に入れる事が可能な点は魅力的なので、人目につきにくい箇所であればハイブリッドセラミックにするのもいいかもしれません。

ただどうしてもハイブリッドセラミックでは天然の歯と同じように自然でキレイな歯にはできないため、前歯など笑ったときに目立つ箇所はオールセラミックにするのがおすすめです。



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

↓治療はこちらでお世話になりました。値段は安いのに本当に高品質なのでおすすめです(´・ω・)

Japan Dental FrontierJDFのオールセラミック
【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です