歯をきれいにするホワイトニングは基本的に医療費控除の対象になりません。

ホワイトニングやラミネートベニアは医療費控除の対象外

医療費控除は1年間における医療費を所得から控除することで、税金を軽減することができる仕組みです。

1年間の医療費が10万円以上の場合、その超えた金額分を所得から引くことができますが、上限は200万円とされています。

医療費控除が適用されるものは基本的には健康保険と同じように機能的な治療が目的になるので、審美目的で施術されるホワイトニングは控除の対象にはならないのです。

歯の表面にセラミックなどのプレートを貼り、歯を白くする「ラミネートベニア」なども対象外となります。

クリーニングなどは控除の対象になる

治療を目的とするクリーニングは大丈夫です。歯を白くするのに歯のクリーニングがありますが、歯石などを除去する「スケーリング」は歯周病の治療にもなるので、控除することができます。

特殊な装置を使用した歯の表面クリーニングや、特殊なパウダーなどを配合し水流によるジェットクリーニングなどは、歯の表面のステインを除去するものなので、治療目的とは見なされず控除から外れます。

医療控除の対象となるのは、基本的に健康保険と同じく「治療目的」が前提になり、医療費控除となる治療だと、分割払いによる医療費や、通院にかかる交通費なども控除することが可能です。

例えばインプラント治療や保険適用できないような素材の被せ物などのいわゆる自由診療や、審美目的ではなく噛み合わせなどの障害を医師が認めるような矯正診療があります。

これらの施術のための通院にかかる交通費や、歯科ローンを利用した治療費も含まれますが、但しガソリン代や駐車料金などは含まれません。

歯医者で施術すると高額なものになり、施術を行うと1回5万円ぐらいの費用がかかることもあります。

ホームホワイトニングがおすすめ

安くホワイトニングを行い人は「ホームホワイトニング」を試してみる方法もあります。

これはマウスピースを使用し、自分で薬剤を塗布する方法で、歯医者で提供しているホームホワイトニングは、薬剤を使うのに問題がないかをチェックするキットやマウスピースの制作・薬剤などがセットになっています。

費用の相場は、初回は約15,000円~30,000円ぐらいで、追加薬剤は約2週間分の場合約5,000円ぐらいになります。

いくつかメリットがあり、施術することが可能か歯の状態をチェックすることができたり、精巧なマウスピースを作成することが可能です。

さらに安価で薬剤を手に入れることができます。通販で材料を入手する方法もあります。

インターネットで自分で買うこともできる

インターネットを利用してオンライン通販などを利用し、簡易マウスピースや薬剤を購入することもできます。

メリットとして、歯医者で施術するより安価で、通院する手間がなく、材料を購入するとすぐにスタートすることができます。

もしマウスピースが壊れたとしても、スペアがあるとすぐに作成することが可能です。

デメリットとして、事前に適正チェックができなかったり、簡易マウスピースがうまくフィットしないことがあります。

薬剤を無駄にしたり、痛みが起こるケースもあります。

セルフホワイトニングとは?

セルフホワイトニングはサロンに通いながら自分で施術する方法です。

主にステインの除去などに効果がある薬剤を利用します。費用の目安は約3,000円~5,000円ぐらいです。

メリットとして、歯医者で施術するよりも安価で、過酸化水素を使用しないので痛みがありません。このようにいろいろな施術があるので、自分のライフスタイルに応じて選択すると良いでしょう。