ジルコニアという素材は人工ダイヤモンドのことで、とても固くてきれいという特徴があります。

歯を治すときは保険では銀歯が使用されますが、銀歯は見た目が悪く前歯の治療には向きません。

詰め物でも銀歯がひとつあれば口を開けると目立ってしまいます。

ジルコニアセラミックでブリッジ治療

ブリッジといって、歯を1本失ったときに両隣の歯を削って橋渡しのように治す治療があります。

この治療では、失った歯に加えて両隣の歯という3本分がつながってひとつの形になっています。

銀歯は金属なので強度がありますが、3本分のブリッジを銀歯で作るととても目立ってしまい見た目は悪いです。

ジルコニアは白い人工ダイヤモンドなので、銀歯ほど目立つことがありません。強度も強いので一見すると前歯に適した素材であると考える人も多いです。噛む力の強い奥歯にも問題なく使用することができます。

前歯には向いていない?

けれども実は前歯には向いていないということが分かっています。

ジルコニアは強度はあるのですがオールセラミックなどに比べて透明度が低く、天然の歯のような美しさを出すのが難しい素材です。

前ですと人から見えやすい部位なので目立ってしまいます。人が見ると作り物の差し歯だということが分かってしまい、オールセラミックに比べれば審美性が高いとは言えません。

さらに保険適用外なので、治療費が高くなってしまいます。

保険外治療は歯科医院によって治療費が異なりますが、1本あたり10万円を超える費用がかかってしまうこともあります。

決して安い金額ではありませんが、ブリッジにすると3本がつながっているために、30万円以上の費用がかかるということです。

これだけの金額を出して、もし納得のいかないものになってしまってはとても残念なことです。

治療を受ける歯科を決める際には慎重に選ぶ必要があります。