ホワイトニング

マニキュアで銀歯を白く塗るのがおすすめ

オールセラミックの歯

歯のマニキュアは短期間で手軽に歯を白くできる方法として人気となっています。

結婚式のような大きなイベントがある場合、歯を白くしておきたいと考えている人も多いでしょう。

マニキュアで銀歯を白く塗るのがおすすめ

歯のマニキュアには歯科医院で白く塗る方法と自宅で白く塗る方法の2つがあります。

この方法は銀歯でも白くできることが最大のメリットであり、ホワイトニングで白くできない歯に対しても効果を発揮してくれるのです。

ホワイトニングというのは歯に薬剤をつけて白くするという方法ですが、銀歯などの人工物には効果がありません。しかし、マニキュアなら人工物でも白くすることができますし、大事なイベントの前に一時的に歯を白くしたいという場合に最適です。

ホワイトニングは1回では効果がありませんが、この施術なら薬剤を1回塗るだけでも効果が期待できます。しかし、銀歯を白くコーティングできるのは歯の側面だけであり、噛む面についてはすぐに剥がれてしまうので塗ることができません。

下の歯は基本的に噛む面しか見えませんし、側面に塗ってもあまり意味がないと言えるでしょう。そのため白くできるのは主に上の歯だけだと考えておくのが無難です。また、薬剤が剥がれやすいことにも注意が必要です。

マニキュアは歯を短時間で白くすることができますが、永久的な効果は期待できません。効果が長く続いて欲しいという場合、長持ちさせる方法について知っておくと良いでしょう。

歯を白くするマニキュアの費用と特徴

歯科医院と自宅で行うマニキュアの違い

歯科医院で行われている施術の場合、自宅で行う方法よりもかなり長持ちします。

自宅で行う方法だと1日で取れてしまいますが、歯科医院で施術を受ければ1~3ヶ月程度は持つでしょう。

もっと長く持つこともありますが、衛生的な面から3ヶ月での除去が推奨されています。市販のマニキュアを長持ちさせたいという場合、白く塗る前に歯をしっかり磨いて汚れを落としましょう。

また、塗って乾かすまでの間に唇が歯につかないようにすることもポイントです。丁寧に処置を行うことにより、綺麗な状態を長持ちさせることができるでしょう。

また、その後はできるだけ歯に刺激を与えないことも大切です。歯科医院で施術を受けた場合でも施術を受けて2~3日は色の付きやすい飲食物を控えた方が良いでしょう。

また、タバコも着色汚れの原因となりますし、硬い物を噛むと剥がれてしまうこともあります。

ステイン除去成分を配合した歯磨き粉は汚れを除去できますが、研磨剤が入っているものは表面を傷つけるので注意しましょう。



前歯2本をオールセラミックにしました

前歯の差し歯をオールセラミックにした画像

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています(´・ω・)♪

以下の体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

↓治療はこちらでお世話になりました。値段は安いのに本当に高品質なのでおすすめです(´・ω・)

Japan Dental FrontierJDFのオールセラミック
【広告】

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です