差し歯

メタルセラミック(セラミックボンド)の特徴

メモとペン

皆保険制度が充実している日本では、健康保険証を提示することで低負担で基本的な歯科治療が受けられます。

これは大変大きなメリットなのですが、健康保険適用の歯科治療にはいろいろな制約が存在します。というのは、健康保険制度では歯科治療を健康と機能回復に目的を置いているからです。

この基準があることによって、見た目のきれいさを求める審美治療や隣の歯と比べても違和感を感じない快適な治療を希望するとなると健康保険適用外の自費治療になります。

保険が適用にならない自費治療では費用の全額が患者さんの負担となるので、保険が適用される治療と比べると一般的に高額です。

天然の歯に近い透明感のあるセラミック

オールセラミックの歯

天然の歯に近い透明感のあるセラミックは、大変人気が高い審美治療です。

瀬戸物などの陶器の素材がベースになっているセラミックは元々の歯に似た色調で仕上げてもらえる治療で、ずっと前に治療を受けた金属の部分をセラミックに交換したいという相談で審美歯科を受診する方も急増しているという背景もあります。

一口にセラミック治療といっても、種類やタイプがいろいろあります。使われている素材や特徴がそれぞれ異なりますので、セラミック治療を希望するのであればいろいろな治療について正しく理解をした上で自分に合う治療を選ぶことがポイントです。

メタルセラミック(セラミックボンド)

メタルセラミック(セラミックボンド)は、セラミック治療のひとつです。

メタルセラミックでは素材の一部に金属が使われていて、セラミックの被せ物の内側に金属素材を焼き付けて作られているのが特徴です。

金属が焼き付けられているので丈夫で耐久性に優れ、噛む力が大きく加わる奥歯などに特に適した治療といえます。

また、他のセラミック治療と比較した場合にメタルセラミック(セラミックボンド)は費用が比較的安価で、金額面での負担が少ないというメリットもあります。

使用される素材

メタルセラミック(セラミックボンド)で使われる金属の種類は、金合金や白金合金をはじめとしてさまざまです。

金や白金が使われているタイプのメタルセラミックであれば、金属成分が唾液の水分や食べ物・飲み物のペーハーによってイオン化、つまり溶け出す心配が少なくなります。

歯科治療素材の金属成分がイオン化して溶け出すと、歯や歯茎の黒ずみなどのトラブルを引き起こす原因になってしまいますが、金合金や白金合金が使われているタイプであれば審美性の面、また金属アレルギーのリスクにおいても安心です。

前歯2本をセラミックにしました

オールセラミックの差し歯体験談ブログ

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています♪

体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

前歯オールセラミック体験談ブログ

こちらにお世話になりました♪

Japan Dental Frontier
東京・大阪・名古屋・神奈川で格安オールセラミック歯のJapan Dental Frontier

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました。治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です