歯医者でセラミックを入れる前に値段を把握しておこう

2019年2月14日治療費について

口元を抑えて驚く女性

銀歯は金属アレルギーのリスクがあるので、なるべく早くセラミックを入れるのが理想です。

100%のセラミック素材は保険の適用外のため値段は高くなり、技術料も含めると1本あたり10万円くらいかかります。

以前と比べると安くなったとは言えども、まだまだ保険が使えないので高いです。

今後も保険適用になる話はなく、審美的治療のために適用されることはないと考えられています。

自分にとって必要な治療であれば保険適用になれば嬉しいですが、保険対応の治療が増えるほど保険料は上がってしまいます。

歯医者でセラミックを入れる前に値段を把握しておこう

歯磨きをする白い歯のかわいい女の子

国の医療費の底上げにつながり、治療を必要としない人にとっては大きな負担になるでしょう。

そのため保険診療にするかどうかは、慎重に考えて決められているわけです。

例えば歯医者で奥歯の治療をするときは、銀歯が使用されるのが一般的です。

機能性はそれほど低いわけではなく、治療せずに放置するよりもずっとよいでしょう。

しかし将来的に金属アレルギーのリスクが増えることを考えると、値段が高くても保険外治療を受けたほうが得策と考える人は増えてきています。

金属アレルギーは銀歯を入れてすぐに発生するものではなく、長期的に使用することで唾液によって成分が少しずつ溶解し、身体に蓄積していくことで起こります。

体調不良の原因ともなるので、早めに金属歯から保険外の差し歯に変えるのがおすすめです。

安く治療を受けることができる

審美治療に力を入れている歯医者なら、安く治療を受けることができるでしょう。

保険外治療は値段が高いですが、相応のメリットがあります。

天然歯と同じ色に揃えることが可能で、見た目は人工差し歯だとわかりません。

非常に綺麗に仕上がるのが特徴で、口元のコンプレックスは一気に解決するでしょう。

口元を綺麗にするメリットは大きい

口元を綺麗にするメリットは大きく、大きな自信をもたらしてくれます。

自分に自信を持てなくなる理由として容姿のコンプレックスがあり、これは解消する以外に方法はありません。

歯医者は虫歯・歯周病を治療するだけでなく、口元を美しくする役割もあります。

漠然と保険治療のほうが優れていると考えている方がいますが、治療の値段と品質は比例すると考えてよいです。

ただ保険外治療は自費診療になるため、歯医者によって金額は大きく変わってきます。

歯医者側が自由に料金設定をできるため、技術と料金をてんびんにかけてクリニックを選択してください。

セラミックの特徴

セラミックは審美性に優れており、天然歯と見間違えるほどです。

自分から言わなければ相手にはわからないほどで、見た目に加えてかみ合わせの矯正もできます。

大人になると仕事の関係から時間のかかる矯正はできないという方が増えてきます。

矯正は子供のころに終えるのが好ましいですが、タイミングを逃してしまった方にはセラミックによる矯正がおすすめです。

オールセラミックなら前歯だけ治すことが可能ですし、インプラントより費用を抑えることができます。

インプラントは歯根から改善できるメリットがありますが、歯根がしっかりしている方ならセラミックで十分と言えるでしょう。

メンテナンス性にも優れており、表面がツルツルになるので歯垢が付着しにくいです。

歯垢が付着するとその部位が歯石に変化しやすいので、歯周病を防ぐためにも毎日のブラッシングは必要です。

毎日の歯磨きが口腔を健康にする基本であり、その上で定期検診を受けて口腔環境を維持してください。

歯並びがどんなに綺麗になっても、歯磨きをしないと歯垢は付着します。

口内がベタベタする方は歯垢が蓄積しており、それが口臭の原因になります。

口臭を解消するには1日3回のブラッシングが基本ですが、ブラッシング後に洗口液でうがいするとなおよいです。

歯の表面をツルツルにすることが最大のメンテナンスになります。


Posted by ふすま