差し歯の治療を受けることになったら、差し歯とは何かということについて、いろいろある種類や内容について事前に調べてしっかり把握しておくことが大切です。

治療のタイプがさまざまなので、知識を持っておくことで自分に合った治療を納得して選ぶことにつながるからです。

差し歯とは?

差し歯とはどんな治療かというと、治療のために必要があって削る処置をした後に被せる補綴物のことです。専門的にはクラウンと呼ばれています。クラウンの治療の種類は多く、使われる素材や治療方法はさまざまです。

まず、大別すると保険治療と保険外治療に分けることができます。保険治療は健康保険証を提示して少ない負担で受けられる治療で、保険外治療は健康保険の適用を受けず全額患者さんの負担となる自費治療です。

保険治療の差し歯

保険治療の差し歯は、硬質レジンジャケットクラウン・硬質レジン前装冠・銀歯の3種類です。

硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠は、外側がプラスチックレジン、内側が金属で作られた保険のクラウンです。

見た目と噛み合わせが強い箇所における強度ともに問題が少ないので、保険適用で前歯の治療をするケースではほとんどの場合この硬質レジン前装冠が使われています。

硬質レジンジャケットクラウン

硬質レジンジャケットクラウンは、全体的に歯科用プラスチックのレジンで作られたクラウンで噛む力が比較的弱い箇所に使われています。

銀歯

保険治療による奥歯のクラウンでは、ほとんどの場合銀歯が使われます。前から4番目の第一小臼歯より後ろの歯では、保険治療では基本的に銀歯が用いられます。

保険適用外の自費治療

保険適用外の自費治療で人気が高いのは、陶器素材を使っているので自然な白さと透明感が特徴のセラミック治療です。

保険外治療の場合、1本あたりの治療にかかる費用が10~15万円が相場となっていますが、自費治療は歯科によって価格設定が大きく変わってくるため、20万円以上と高額に設定している歯科もあれば5万円以下の歯科もあるので、クリニック選びには注意が必要です。

セラミック治療にもいろいろなタイプがあります。

オールセラミック

100パーセントセラミックを使用したオールセラミックは、見た目が自然で劣化が少ないのがメリットです。

まるで天然の歯のようにキレイな見た目にすることができるため、前歯を治療するならこのオールセラミックがおすすめ。

ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウンは、プラスチックレジンとセラミックを混ぜた素材のクラウンで、レジンの性能を強化したタイプです。

メタルボンド

メタルボンドは外側がセラミック内側が金属のクラウンで、見た目の美しさと強度を備えているのが特徴です。

ジルコニアセラミッククラウン

人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアを使用したジルコニアセラミッククラウンは、強度が高いため奥歯など負担のかかる箇所の治療に適しています。

ゴールドクラウン

金や白金合金を使ったゴールドクラウンは、保険の銀歯よりも劣化やアレルギーの心配のない貴金属が使われたクラウンです。

このように、差し歯の治療は種類や素材ともにさまざまなタイプがあります。