歯科クリニックでの治療は、一般的な治療となると保険が適用となるので実質的な支払額は安く済むことになります。

しかし、歯科治療の中には自由診療となるものもたくさんあり、そうなれば保険適用外となって高額な医療費を支払うことにもなってしまいます。

高額な歯科治療の自己負担費用

インプラントのような高度な技術を用いた高額な歯科治療以外に、虫歯や差し歯にしたいという時であっても、詰め物となる素材によっては保険適用内と保険適用外があります。

人の歯は少し透明度があるものの、保険適用内で使われる詰め物の材質は透明度が全くないものが使用されるため、遠くから見れば白い歯であってもそばで見られてしまうと詰めていることがはっきりとわかってしまうことになります。

前歯など他の人から見られやすい部分は気になるためにセラミックなどの保険適用外の治療を希望する人も多くなりますが、お金が貯まったら治療を開始してもらおうと思うと、欠けた歯のままでしばらく生活しなければならないことになってしまいます。

しかし、後から分割払いができる方法が用意されていれば、まずは治療を開始してもらうことができます。

歯科クリニックの中には、クレジットカード払いを利用できることもあるのですが、中には買い物をし過ぎる危険性を恐れてクレジットカードは作りたくないとあえて持っていない人もいるものです。

そんな人にも、クレジットカードを作らずにローンを組むことができる方法があります。

デンタルローン

デンタルローンは、その歯科クリニックが銀行やカードローン会社と提携して行っているサービスになります。

銀行やカードローン会社が歯科クリニックへ先に治療費の支払いを行い、利用者は銀行やカードローン会社へ分割払いをすることになります。

分割をするということは利子の支払いも必要になってきますが、そのクリニックが利用している銀行やカードローン会社によっても利率は違ってくることになるため、利子がどのくらいの価格になるのかは一概には言えません。

もちろん、高額になったり分割回数が増えることによって利子の支払額は増えることになります。

審査について

デンタルローンは、クレジットカードを作る時と同じように審査に通らなければ利用ができません。

安定した収入があって、これから先の支払いが可能である見込みがなければお金は貸してもらえないことになるため、厳しい基準が設けられていることもあります。

学生の人の場合、未成年であれば親の同意が必要であるとともに親の名義でローンを組むことになります。

また、20歳を超えている学生の人でアルバイトでの安定した収入があったとしても、学生であることを理由に貸し出しをしてくれないということもあります。

デンタルローンは、基本的には連帯保証人を付ける必要はないのですが、社会人であっても審査によっては支払いが難しい可能性があると判断された場合には、連帯保証人を付ける必要が出ることもあります。

他にも、以前に借金返済が遅れてしまった人であったり、何社にもわたってお金を借りているような人になるとブラックリストにのっていることになり、そうなるとどんなローンであっても審査に通らないことにもなります。

デンタルローンは、早く始めたい治療ではあるものの今は金銭的な理由で受けることができないという場合には非常に役立てることができるサービスではあるのですが、お金を借りて後から返すことができるかどうかという点が重要になってきます。

早く治療を受けるためにローンを活用する

乳歯となれば後から永久歯が生えてくることになりますが、永久歯は失ってしまうともう生えてくることはありません。

高齢になった時に1本でも自分の歯を残して快適な食生活を続けるためにもデンタルローンは役立てることができますが、収入に合わせた治療を選ぶことも必要になってきます。