ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックの特徴と料金について

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックというのはセラミック素材の一つです。

ジルコニアセラミックとは?

ジルコニアセラミックとはフレームの部分にジルコニアを使い、その上にセラミックを取り付けて作られたものです。

一般的に普及しているセラミックは透明度が高くて自然な見た目をしており、強度の高いことから治療をした部分を守ってくれる優れた性能を持っています。

しかし、従来型の素材の強度には限界があり、強い力を加えるなどした時にクラウンやインレーが割れてしまう、欠けてしまうといったトラブルが発生しやすい脆さがありました。

ジルコニアは非常に強度の高い素材として利用されているもので、その強さは人工ダイヤモンドとも呼ばれているほどです。別名でダイヤモンドセラミックとも呼ばれています。

従来のセラミックでは難しかった強度を保つことができるようになっており、銀歯のような金属と遜色のない耐久性が注目され、近年では歯科治療の現場でよく使われています。

金属アレルギーの心配がないという特徴がある

歯磨きをする男性

金属が配合されていないという特徴があることから、金属アレルギーの人でも安心して治療を受けられるのがメリットです。

銀歯を詰めると次第に金属が溶け出し、歯や歯茎の部分を黒く変色させてしまう問題が発生します。

色素が付着すると普段からの歯磨きではなかなか落とし切ることができず、歯を白くする治療を受けなければならないケースばかりですが、金属を使っていない素材であれば色素沈着の成分が溶けだしませんので、いつまでも自然な白さの歯を維持できるようになります。

ジルコニアセラミックの値段

メリットの多い素材であるジルコニアではあるものの、料金は他の素材に比べると割高です。

クラウンを装着することになれば1本の歯に対して10万円~20万円もかかります。インレーは部分的に詰める治療方法ですのでクラウンよりも安く治療を受けられますが、それでも4万円~6万円ほどの料金が必要です。

これらの料金は保険診療外のものです。3割の負担ですむ保険診療ではこの素材を使うことが許されていません。

クラウンの場合には1本の単価で10万円以上しますから、2本や3本といった具合に治療する歯の本数が増えると何倍もの料金がかかります。

歯医者によって対応が異なるものの、一括払いが難しく感じるのなら医療ローンを活用するのもおすすめです。

分割払いで毎月少しずつ支払うことができ、医療ローンだと使いみち自由なローンに比べて金利が低いというメリットがあるため負担を軽減できます。

前歯2本をセラミックにしました

オールセラミックの差し歯体験談ブログ

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています♪

体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

前歯オールセラミック体験談ブログ

こちらにお世話になりました♪

Japan Dental Frontier
東京・大阪・名古屋・神奈川で格安オールセラミック歯のJapan Dental Frontier

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました。治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です