ブリッジ

安い費用のジルコニアセラミックブリッジ

オールセラミックの歯が素敵な女性

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった場合、本数が1本や2本の場合はブリッジを選択する人が多いです。

部分入れ歯を選んだ場合、取り外しが面倒であり、金属などが見えて部分入れ歯であることがばれてしまうリスクもあるからです。

特に若い女性の場合は、審美性にこだわる人が多いので、部分入れ歯はなるべく入れたくないという人が少なくありません。

ブリッジは、保険の適用を受けることもできます。ただ、金属アレルギーがある人や天然の歯と同じような素材で歯の治療を受けたい人の場合、自由診療のセラミックやジルコニアを選ぶ人も多いです。

ジルコニアセラミックブリッジとは?

オールセラミックの歯

セラミックはとても高い評価を受けている素材のひとつで、陶器の素材が使われています。

非金属の材料なので金属アレルギーの心配がありません。強度と見た目のバランスが良く透明性が高くて自然な仕上がりが特徴です。

プラスチックだと汚れが付着しやすく変色しやすいのですが、セラミックであれば長期間使っても変色しにくく、プラークも付きにくいです。

セラミックにはメタルボンドとオールセラミックがありますが、すべてがセラミックで作られたオールセラミックは人気が高いです。

オールセラミック

人気が高いオールセラミックですが、噛み合わせが強い奥歯にはあまり適していません。

奥歯に強い力がかかってしまうと、セラミックが割れてしまうこともあります。噛む力が強い人や無意識に歯を食いしばる癖がある人は、セラミックが割れてしまうリスクが高くなります。

そんな中最近は、セラミックの中でもジルコニアという素材が脚光を浴びています。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

ジルコニアは、従来のセラミックの3倍以上の強度を持っています。

ダイヤモンドに近い強度があり、曲げ強度も非常に高いため、奥歯にも安心して使うことができます。

【歯を白いブリッジにする】ジルコニアセラミックの費用はどれくらい?

医療の分野では長く使用されており、過酷な状況での耐久性はすでに証明されています。欧米では早くから使われていたジルコニアが、日本でも歯科材料として使われるようになったのは、2005年以降のことです。

結晶の構造が安定しており、融点が非常に高いため耐熱性のセラミック剤として様々な分野で使われています。

優れた生体親和性があり、さらに強度があるためこれまでオールセラミックでは難しかった症例にも使えます。

ジルコニアは金属より硬い素材ですが、とても軽く、またアレルギーの原因になることもありません。

メタルボンドなど金属を使った素材だと、長年の使用で金属が溶けだして歯茎が黒っぽくなってしまうことがあります。

歯茎は一旦黒ずみが残ってしまうと元のピンクの歯茎には戻りません。金属を使っていない素材であれば黒ずみの心配を一切せずに済みます。

最近は安い費用で治療が受けられるようになってきている

メモを取る手元

メリットが多いジルコニアですが、オールセラミック同様、価格が高いというイメージを持っている人が多いです。

しかし、最近は安い費用で治療を行うことが可能なのです。自由診療の場合、歯科クリニックが治療代を決めることができます。

ですから、同じ治療であっても歯科クリニックによって治療費が異なるのです。中には私が実際にオールセラミック治療を受けた審美歯科のように、企業努力によって高い品質の歯科素材を使いつつ費用が安いクリニックもあります。

【歯を白いブリッジにする】ジルコニアセラミックの費用はどれくらい?

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました(´・ω・) 治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です