セラミックの差し歯でも医療費控除が利用できる場合がある

オールセラミック

セラミックの差し歯でも、医療費控除を利用できるケースがあります。

誤解をしてはならないのは、全ての手術でオールセラミックの控除を受けることができるわけではありません。

そもそも、医療費の軽減などに関しては非常に厳格な決まりがされており、特に人間のコンプレックスや精神面の負担を考慮するような手術に関してはなかなか費用の負担の軽減を行うことができないのが現状です。

歯科治療の中でも、特に最新の治療行為を提供している場合には、自由診療という形になってしまって患者の負担が大きくなることも珍しくありません。

このことを理解して、歯科治療を受ける必要があります。

セラミックの差し歯でも医療費控除が利用できる場合がある

基本的に、医療費控除を受ける場合には、その医療行為が治療行為であることが求められます。

日本国内の場合だと、国民が健康的に毎日の生活を送ることができるように、病院でサービスが提供されています。

そして、何らかの疾患やケガが生じたときにはその病院で治療行為を受けることができるようになっているのです。

しかし、こうした病院で治療行為を受けるためには、お金が必要になります。

治療内容は色々と異なっていますが、例えば薬を貰うときに多額の金銭を提供しなくてはならないとすると、患者の負担は大きくなってしまいます。

こうした負担が大きくならないように、医療費控除は考えられているのです。

医療費控除について

具体的な対象額は、実際に支払った医療費の合計から給付金と10万円の差し引いた金額となっています。

ここで述べられている給付金は、生命保険や健康保険で支給されている医療費などを含んでいます。

そもそも、セラミックというのは普通の差し歯の治療と異なって一般化された治療行為ではありません。分類としては、先進的な治療行為に入ることもあります。

従来型の歯科治療では、抜け落ちた歯や虫歯になった部分を補填するために、金属の素材を準備してそれを該当部分に装着させます。

もちろん、実際に装着する前には虫歯となっている部分を治療したり、神経を抜いたりして対策を行っておきます。

トラブルのもとになる問題点

ただ、こうした従来型の治療には患者に対するいくつかのトラブルのもとになる問題点もあります。

一つ目は、金属アレルギーを有している人には利用できない点です。

銀や金といった素材を使った場合、治療後にその素材が口内の酸によって徐々に溶けていってしまい、それが皮膚と接触してしまうことがあります。

この場合、金属アレルギーを有している人が利用すると拒絶反応が生じてしまうことになるため、口内環境の劣悪化を生み出してしまいます。最悪の場合、以前よりも状態が悪くなることも考えられます。

ですから、これらに代わる新しい治療方法が常に考えられてきました。

強度に関して

そして、二つ目の問題点となっていたのが強度に関してです。

実は、従来までの歯科治療で利用される素材は、他の歯との兼ね合いを考慮して神経だけではなく周囲の歯も削ってしまわないといけない問題点がありました。

当然ですが、健康的な歯を悪い部分と合わせるために削らなくてはいけないため、あまり良くない行為だといえます。

こうした問題点を解決するために、新しい治療方法が考えられて実践されているわけです。

差し歯に関しては、特にその治療法が多く提供されています。

控除が適用されないのも、新しい治療方法に分類されるため保険の適用の規定の基準を満たしていないことが多いからです。

では、実際に差し歯のセラミックがこうした医療費控除の対象として利用できるケースはどのような時なのでしょうか。

差し歯のセラミックがこうした医療費控除の対象として利用できるケース

それは、子供の成長を阻害する口内の環境に対してこれらの手術が必要になった場合です。

子供の中には、幼い時から歯の状態が悪くて歯列矯正を利用しなくてはいけない人も少なくありません。

これらのケースの中でも、特にきちんと口内環境を整えるためにも治療の必要性が高いと考えられているケースでは医療費控除を受けることができるようになっています。

また、やむを得ないときにセラミックの差し歯を手術で付ける時も含まれています。

例えば、日常生活を送っている中ではトラブルに巻き込まれることによって歯を失ってしまうこともあり得ます。

事故で歯の状況が悪くなってしまった場合には、元の日常生活に戻るためにも治療を行って差し歯を付けなくてはいけないこともあります。

こうした場合にも、控除を受けることが可能です。

また、医療費控除を受けることができる場合には、歯科治療で利用したローンも控除の対象として利用できる場合があります。

例えば、公共交通機関やタクシーなどで通院が必要になったときには、そこにかかった費用も控除の対象として適用される可能性があるわけです。

確かに、セラミック治療に関しては適用される場合とされない場合があります。

しかし、全てのケースで全く適用されないわけではありません。

個別のケースを見ていって、負担が小さくなる可能性がある場合には相談をして対象になるかどうかを確認しておくことです。


Posted by ふすま