差し歯の料金の違いはセラミックなどの金額と保険が関係している

差し歯の治療をするとさまざまな金額の料金になって、なぜこんなに違うのだろうと考えてしまう事も多いかもしれません。

理由は大きく分けると二つが考えられていて一つは保険の適用がされているかどうかと、二つ目はセラミックを使用するなど材質の違いというモノが大きく関わってくる事になっているからです。

まずは保険の適用があるかどうかということですが、差し歯は保険の適用が出来るものと出来ないものがあるという事を理解する必要があります。

差し歯の料金の違い

差し歯治療は虫歯などの患部にかぶせモノをするという治療で、昔から良く行われてきた虫歯治療ですから、全部保険適用になっていると思っている人もいるかもしれませんが、実はそうではなく、適用のものとうでないものが療法存在しているという事になります。

保険が適用されれば自己負担は二割から三割程度ということになりますから、これが適用されるかどうかは治療費に大きく関わってくる事になると考えても良いでしょう。

保険適用がいであれば100%の自己負担となりますから、保険に関係なくお金を払う必要があるという事になります。これが料金的に大きな違いとなる事は明白でしょう。

1万円の治療に対して保険が適用出来れば3千円程度の負担ということになるわけです。

一般的に保険で使えるものということになるとレジンというプラスチック系の材料だけで、奥歯に関していうと銀歯にするという事が保険適用という事になっていて、それ以外は保険の適用外という事になっています。

ですからセラミックなどの陶器関係やジルコニアというようなものは全て保険の適用外という事になるという事です。

歯を白く美しく見せる事が出来るということでこうした保険の適用外の治療を望むという事は最近では多くなっているといっても良いかもしれません。

セラミックなどの金額と保険が関係している

差し歯の治療においては、治療をしたところの詰め物や被せモノが外れてしまったりすることがありますが、この時の治療費用もこの保険の適用の有無で変わってくる事になります。

保険が利いている場合は2年間の保証期間内では、無料で対応してもらうことが出来るのですが、適用外の治療をしていると無料でしてくれるのかどうかは歯医者によって異なるということになります。

次に材質ということになりますが、これはレジンというものを使用すると保険適用で安く治療をすることが出来るようになりますが、見た目はあまり良くなくて、セラミックのような美しい光沢を再現するような事は出来ません。

時間がたつと変色をしやすいという事も美的にはあまり良くないという事が言えるのかもしれません。強度不足のために奥歯のような強くかむところには使用しにくいということがあります。そのため奥歯の場合は銀歯にするという事が一般的な方法という事になるのかもしれません。

銀ですから見た目的にはあまり印象としては良くないという事はありますが、その代わりに強くかむところにも使う事が出来るという事があります。

ただ、金属アレルギーがあるような人には向かないという事もあるので、個人によって使えないという事もあります。

保険の適用外の治療をするところが増えている

最近の傾向として保険の適用外の治療をするところが増えているという事は言えるのかもしれません。

歯医者が推奨するのもだいたいこちらの保険適用外の治療の方を勧めてくる傾向はあるといっても良いかもしれません。

その時にはお金がかかるという事も説明があるはずですから、金額の事を考えてコストパフォーマンスでどうするのかという事を検討する必要があります。

ですから詳しい説明を歯医者さんから聞いて決めるようにするとよいでしょう。

勧められるからその方法にしたということになると、値段的に全くちがうものとなるので後で後悔をするという事も無いわけではありません。

具体的にいくらぐらいになるのかという事を明確に聞いてそれで答えを出すという事をしても良いでしょう。

歯医者さんに料金を聞くという事はあまり気持ちの良いことだと思われないところがあるので、迷ってしまう人も少なくはないのですが、万単位で値段が変わる大きなことなので、後で悔やまないようにするためにもちゃんと正しい情報を聞いて判断する材料をもらうという事は必要な事でもあります。

料金を聞かなければ判断できないという事も少なくはないでしょう。

そのような事は先生も十分に承知しているので、値段を聞いても別にそれで信頼関係が壊れるような事にはなりません。

確かに歯医者さんとしては保険適用外の治療の方が治療費も高額なりますから、儲かるという事はありますが、それだけのために患者さんの信用を損なってまで利益を上げたいと考えている人は少ないと考えても良いでしょう。

お金の話はとても大切な事ですから、そうした高額な治療をする判断材料として料金を聞くという事は当然のことだと考えて良いでしょう。

高額治療なのですから、分からない事は全部聞くぐらいのつもりで聞いて問題はありません。

前歯2本をセラミックにしました

オールセラミックの差し歯体験談ブログ

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています♪

体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

前歯オールセラミック体験談ブログ

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました。治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です