保険が使えないセラミックの義歯

セラミックの義歯は、健康保険が使えません。自由診療となり、一般的には非常に高額なぜいたく品となっています。

セラミックの義歯自体も高く、治療にかかる診療費も保険適用外となるためやはりかなり高額で、1本当たり平均で13万円もかかるものとなっています。

多くの人がそのように高額な費用を支払うことに難色を示し、あまり見映えの良くない材質を義歯に使ってきました。

どこの医院でも一様に費用が高かったため、セラミックの値段に疑問を持たれるということもほとんどない状況でした。

白いかぶせものにも保険が適用される

しかし、長く続いてきたそうした状況も変わりつつあり、白いかぶせものにも保険が適用されるようになりました。

これまでは銀色の材質しか使えないことがほとんどでしたが、制度が変わり、硬質レジンジャケット冠や硬質レジン前装冠およびハイブリッドセラミックレジン冠も使えることとなりました。これは画期的なことです。

このことを知らない人が大半でしょうから、利用者はまだ少なそうです。今後いつ、こうしたかぶせものが必要になるかわかりませんので、頭の隅に置いておきたいものです。

硬質レジンジャケット冠

硬質レジンジャケット冠は、白いプラスチックだけを使ったかぶせものです。

やはりセラミックのようなわけにはいかず、強度が弱く、割れたりすり減ったりしやすいという難点はあります。

長期間使用しているうちに、唾液で変色することもあります。

しかし前歯や犬歯のような目立つ場所に使えるようになったことで、大助かりとなる人は多いことでしょう。

材質も日進月歩で向上しているわけですから、安く見栄えの良い材質が広く使えるようになったのは、歓迎すべきことです。

硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠では、人目につく前の部分だけ硬質レジンが使用されています。

裏と内側には金属が使われていますから、大きく口を開けたときには金属部分が見えることもあります。

硬質レジンジャケット冠と同様に、人目につく位置にある6本にだけ使用できます。

変色がひどくなってきたら、かぶせものを取ってまた付けなおすことになりそうです。

かぶせものを取るときには、土台の部分を削る必要があります。

付けなおすたびに、だんだん土台がすり減っていくのが気になるところです。

ハイブリッドのレジン冠

ハイブリッドのレジン冠は、強度があって割れにくいという特長があります。

作成には最新鋭のCAD/CAM装置を使うため、厚生労働省が認可した医院でしか利用できないのが難点です。

保険適用されることになった以上の3つは、白いかぶせものであり、装着当時は良いのですが、年月とともに変色するのは避けられません。

保険適用されないセラミック

保険適用されないセラミックなら、変色の心配はありません。

誰しもがそれを利用したいわけではあっても、これまでは費用が高すぎて、誰にでも手の届くものではありませんでした。

しかし最近は流通経路を工夫したりすることで、保険適用外でも安く利用できるようになっています。

1本当たり13万円というのがこれまでの平均金額でしたが、72000円という格安の金額設定をする医院も都市部に出てきています。

インターネットで検索し、じっくりと探すことで、意外な変化を見出すこともできる場合があります。

歯科治療もそのひとつと言えそうです。

マニキュアとホワイトニング

まったく新たな方法として、マニキュアというのも登場してきています。

これはホワイトニングとは違うものです。

色素を抜くのではなく、上から白く塗るという方法です。

もちろん自由診療となりますが、銀色を白くすることもできるため、ひとつの方法にはなるでしょう。

マニキュアを塗ってから特殊な光を当て、固定しますが、白にもいろいろあり、好みの色に仕上げることができます。

効果はひと月程度、持続します。

噛んでいるうちにはがれることもありますし、濃い色素の食べ物から色が移ることはあるものの、口元を美しくしたい特別な場面だけ利用するというのに向いていそうです。

自分でマニキュアをするということも、方法としては十分に可能です。

マニキュアはドラッグストアで千円から3千円ほどで購入できます。

色が持続するのはその日限りですが、マニキュアを使い切るまで何度でも使えます。

方法がなにもなかった頃に比べれば良い状況になってきた

方法がなにもなかった頃に比べれば、良い状況になってきたとは言えるでしょう。

これまで口を開けて笑うことがはばかられていたという人でも、特別な日にはドラッグストアで購入したマニキュアを塗って銀色を白に換え、のびのびと笑えるようになります。

材質としては銀は丈夫なわけですから、金属アレルギーさえなければ、見た目だけの問題とも言えます。

口の中に入る塗料ですから、マニキュアに使用されている成分が気になるところですが、毒性のあるようなものは使用していないことになっています。

ホワイトニングは、妊婦や15歳未満の子どもは利用できませんが、マニキュアは可能となっているほどです。

マニキュアにかかる時間は十数分程度ですから、手軽でもあります。

前歯2本をセラミックにしました

オールセラミックの差し歯体験談ブログ

20歳のときに上の前歯2本が差し歯になり、見た目にも違和感があったためそれがコンプレックスに。

それから10年弱。
その差し歯を2本ともオールセラミックにしました。歯がキレイになると笑顔が多くなるので、今は本当に毎日を楽しく過ごすことができています♪

体験記では治療の過程や感じたこと、不安に思ったことなどをリアルタイムに書いています。

前歯オールセラミック体験談ブログ

About ふすま

前歯2本を保険外の差し歯オールセラミックにしました。治療を受けるにあたって色々調べたセラミック歯のことや、治療を体験して感じたことなどをこのブログで書いています。
View all posts by ふすま →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です