その肌荒れやだるさは歯の詰め物や銀歯が原因の金属アレルギーかも?!

てのひらや足の裏の皮がポロポロとなったり、関節がなんとなくだるい、医療機関を受診してもあまりよくならないというとき、もしかしたら歯の詰め物や銀歯による金属アレルギーが原因かもしれません。

詰めた当初は何もなくても、時間がたつにつれ問題が起こることがあるのです。

その肌荒れやだるさは歯の詰め物や銀歯が原因の金属アレルギーかも!?

金属アレルギーというと、ピアスやネックレスなど、肌と接触するアクセサリーによりアレルギーが分かるという場合がよく聞かれます。

ニッケルやコバルトなど、肌の表面で汗などにより金属がイオン化し、肌が炎症を起こします。これらは直接触れている部分に起こりやすく、したがって原因の特定が容易にできるので、対処もしやすいのです。

ところがこのような部分的なアレルギーのほかに、全身性のアレルギー反応が出る場合があります。手足やお腹、背中などどこでも出る可能性があり、原因が分かりにくいために的外れな対処をしてしまうことも多いようです。

医療機関に相談せずに市販薬だけでどうにかしようとしてもなかなかなおらない、ひどくなる一方となることもあります。これらの原因は口の中の詰め物や銀歯に使われている金属が原因かもしれません。

最近よく使われるパラジウム合金はアレルギーが起きにくいのですが、全くおこらないとは限りません。

また、最近は使われることがほとんどなくなったニッケルクロム合金やアマルガムといった詰め物が時間がたつにつれ劣化し、少しずつ溶けだして金属アレルギーを発症してるケースもあります。

口の中では常に水分もあり、また唾液など体液は弱酸性ですので、金属と反応する可能性はゼロではありません。

平均的には問題のない程度の融解やイオン化ですが、アレルギー反応の強い人や、体調や加齢により免疫力が下がってきたりすると全身性の金属アレルギー反応が起こりやすくなります。

詰め物や銀歯は半永久的に使えるものではなく、詰めた歯や残されている歯の根なども劣化してくるものなので、なるべく定期的にチエックしてもらったりやり替えてもらったりする方がおすすめです。

見つけるのが難しい口の中の金属アレルギー

口の中の金属による全身性のアレルギーの場合、何が原因で起こっているのかが特定しにくいところが難点です。

単なる肌荒れや関節部のだるさを感じた時に、すぐに口の中のことを思い浮かべるのはなかなか難しいと思います。

ただ、アクセサリーや時計などで金属アレルギーを起こしたことがある人は、口腔内の金属が原因かもしれないことを考慮に入れてもいいでしょう。

口の中のチェックの仕方は、銀歯や詰め物をした歯の周りの歯茎をよく見てみることです。白っぽくなっていたり、あるいは炎症をおこして赤くなっている、腫れているような感じがある場合は注意が必要です。

溶けだした金属イオンが血液にのって皮膚症状を起こしたり、関節に炎症を起こしたりしている場合があります。

使い始めた当初や詰める前に行うパッチテストで大丈夫だったとしても、口の中でいろんなものを食べたり噛んだりしている間に化学反応が起こっている場合もあります。

自分では気が付かなくても、食べ物の組み合わせ、串やフォーク、スプーンなどによって微弱電流が流れる場合があり、溶けだすことを完全に防ぐことは難しいのです。

現在では歯科治療の方法も進み、いろんな素材を選んで治療してもらうことが可能です。選んだ治療法によっては保険がきかない場合もありますが、まずは歯科医院に相談してみましょう。

技術も進み、セラミックのみを使用した詰め物や差し歯でも長期間の使用に耐えうるようになっています。

金属アレルギーの体質を完全に取り除くことは現在のところできません。体調を整え、なるべく症状が出ないように原因の金属に触れないよう生活することも大切です。

【広告】