原因不明の肌荒れや皮膚炎は、金属アレルギーかもしれません

原因不明の肌荒れや皮膚炎が続いている場合、歯科金属による金属アレルギーの症状が肌に出ている可能性があります。

歯科金属と肌のトラブルは一見すると関係が無いように思われますが、歯科治療に使われている金属は微量ずつ体内に取り込まれ、金属アレルギーの原因になることがあります。

歯の詰め物などの金属はアレルギーの原因になることがある

通常奥歯などの治療の詰め物やかぶせものの材料として、安価で丈夫な金属は健康保険が適用になることから多くの治療で利用されていますが、人によってはこの材料が金属アレルギーを引き起こしていることがあります。

それまで金属にアレルギーが無かった人や肌のトラブルが無かった人でもこの症状は起こるケースがあります。

化粧品を変えたりストレス解消や体調管理などを万全にしても肌のトラブルが治まらなく、痒く手アトピー性皮膚炎のような症状が出ているという方は、歯科治療でつかった金属を除去することで肌のトラブルが跡形もなく消え去るケースが多く見られます。

この場合、自分の肌トラブルが歯科金属によるものかどうかを見極めてから詰め物やかぶせものを他の素材に切り替える必要がありますが、考えられるすべての肌荒れ対策をしても一向に良くならない皮膚炎や肌のトラブルには、歯科金属を除去する処置は有効なケースが多い傾向にあります。

歯の金属を除去したら肌トラブルが改善?

実際、長年アトピー性皮膚炎と言われていた方が歯科金属を除去したとたんに肌のトラブルが改善されるというケースも多く見られます。

アトピー性皮膚炎は原因不明の肌荒れが長く続く状態の総称ですが、原因がわからないケースがほとんどです。

しかし、歯科金属を除去することで肌のトラブルが改善されるケースでは、その肌荒れの原因は金属だったという事になります。

アレルギー検査

自分の肌トラブルが金属によるものかどうかを大まかに知るためには、アレルギー検査が有効です。少量の血液を採取して行われるこの検査では、自分がどのような素材にアレルギーを起こしやすいのかについて知ることが出来ます。

ほとんど痛みもありませんし、それほど時間もかからない検査ですので、疑わし症状が肌に出ている場合には一度検査をする価値はあると考えられます。

歯科金属を除去する場合

歯科金属を除去する場合、その他の材料を歯の治療で使うことになりますが、ある程度強度のある材料でアレルギーの出ないものというとセラミック素材が選ばれる傾向にあります。

セラミック素材は見た目が本物の歯のように白く透明感があり、歯科治療で人気の素材ですが、健康保険が適用にならないケースが多いため自費での診療となります。

歯科金属とアレルギーについては、理解のあるクリニックばかりではありませんので、歯科金属とアレルギーに詳しいクリニックで治療を受けるのがポイントです。

皮膚炎は歯科クリニックの診療範囲ではありませんが、アレルギーの中で金属アレルギーは比較的メジャーな部類に入りますので、アレルギー検査で数値が高く出た場合には金属を除去して新しい材料を入れると症状が改善することがあります。

原因不明の肌荒れが長く続く場合、皮膚科医からアトピーと診断されることは少なくありませんが、実際にアトピー患者の中でも歯科金属を取り除くことで症状が改善される人は少なくありません。

個人のブログなどでもそうした治療の様子や改善する過程について記事がインターネット上に多くあります。原因不明の肌トラブルが長く続くと美容上も好ましくありませんので、歯の治療で金属が使われている部分がある方は、一度皮膚科やアレルギー科で検査を受けてみてはいかがでしょうか。

人によってはアレルギーを持っていても数値が高く出ないことがありますので、あくまでも目安程度に考えて医師に相談して決めるのも良いでしょう。

【広告】