歯科治療に使われる銀歯や詰め物が原因で金属アレルギーをおこすことがある

金属アレルギーといえばネックレスや指輪など金属のアクセサリーを付けた時に皮膚の接触部分が赤くなってか行くなるなどの症状が出ると思われるのが一般的ですが、歯の詰め物から発症することもあるのです。

銀歯や詰め物が原因で金属アレルギーをおこすことがある

虫歯などの歯科治療では銀やアマルガムなどの金属が使われます。それらの金属がアレルギー症状を引き起こすことがあります。しかも金属との接触部分の粘膜がかぶれるだけではなく全身に症状が及ぶことが考えられるのです。

歯科治療では様々な金属が使われているのですが、それらの金属が長年にわたってイオン化し、それが溶け出して体内に入るとたんぱく質と結合してアレルゲンに変化します。体はアレルゲンを取り除こうとして過剰反応が起こるため全身に症状を引き起こすのです。

こんな金属がアレルギーの原因になっている

アマルガムは虫歯を削った後の詰め物として保険適用の材料として長年使われてきました。水銀を主とし銀やスズ、銅から作られています。

水銀は口の中で劣化して蒸発しやすいために体内に入って脳や肝臓、腎臓などに蓄積する可能性があります。毒性が強いので現在はあまり使用されていませんが、1970年以前に詰め物をした場合には使われている可能性が高い金属です。

12%金銀パラジウム合金という金属も保健治療で使われる銀歯の材料として使われていますが、検査で金属アレルギーが陽性になった人がたくさんいたことからドイツでは使用しないように言われています。

銀合金も柔らかい金属なので保険適用の材料としてよく使われていますが溶けやすく歯茎を黒く変色させることがある金属です。

また被せ物や詰め物に使われる金属だけでなく歯列矯正やインプラントに使われている金属もアレルギーを引き起こす危険性があります。

インプラントでは人体に影響の少ないチタンが使われることが多いのですが、そのチタンにもアレルギー反応を起こすこともあります。

どんな症状が起こるの?

口内炎ができやすかったり口の中が良くただれるなどの症状は銀歯や被せ物などに使われている金属のアレルギー症状の可能性があります。

またアトピー性皮膚炎や頭痛、だるさ、発熱などの全身症状も歯の治療に使われた金属が原因でアレルギーを起こしていることも考えられます。このようなことが考えられる場合は口の中にある金属類を取り除くことが大切です。

金属以外で治療に使われるものの代表的なものにプラスチックの一種の「コンポレットレジン」と陶器の一種の「セラミック」があります。コンポレットレジンは保険が適用し安価で治療ができるのですが、強度があまりよくないので長年の使用によって変色をすることがあります。

またすべてがセラミック素材のオールセラミックは自然の歯と同じように光沢と白さを持ち自然の歯より強度が高いのですが、保険適用外なので高価です。

アレルギーかどうかを判断するパッチテスト

全身に出る症状の原因が口の中の金属が原因だということはなかなかわかりづらいのですが、症状に原因の病気がない原因不明の場合は、パッチテストを行ってもらうことも一つの方法です。

パッチテストは背中や腕などに金属をイオン化させたものを貼って一定の時間を経過した後にはがすというものです。貼った部分に赤身やかゆみが生じたり、何らかの症状が出る場合は金属が原因と考えられるアレルギーであることが分かります。

反応が陽性だった場合はその金属が口の中にある金属と同じものかどうかを確認します。

詰め物や被せ物の表面を軽くこすってサンプルを摂るだけで調べてもらうことができます。そして同じ金属であることが判明すれば口の中から金属を取り除いてもらい、コンポレットレジンやセラミックなどの材料を使った詰め物などに変えてもらうことになります。

このようにすることで今後原因のわからないアレルギー症状や全身の症状に悩まされることがなくなって安心して暮らせるのです。

【広告】